FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

08 | 2019/09 | 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
真なる神の本性、本質を悟る。
◆私は「若返ること」ができる◆
山ウサギです!
いつもお読みくださる皆さま、
こんにちは!

そして、
タイトルに惹かれて
お立ち寄りくださった皆さま、
こんにちは!


前回、前々回と連続で

「観点の選択で
時間も距離も変わり得るんだ」

と言うお話をお送りしました。

実は沢山の方が、
いいねボタン?
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

を押してくださって。。。
(↑よろしければ、押してご覧になってみてください

ありがたいので

今日もしつこく

「観点にこだわるな」

というお話。

若返りへのヒントも、

もちろん登場いたします~
(^ω^ ≡ ^ω^)

では、
どうぞ!!!


自分が催眠をかけることによって、

時間の経験を長くしたり
短くしたりすることができます。

自分の意思の力によって、
催眠の強さによって、

10年20年、
若返らせることもできます。


人は試してみることを始めないだけだ


実際に
自己暗示と言うものを通して、

皆さんは
とてもたくさんのことを開発し、

発見することができます。


だけれど、
もっと理想的な方法は、

それを無意識の内で、
催眠を通してするのではなくて、

催眠を通さなくても、

私の意識の力で

そのように作ることができると言うんです。


。。。。
今日の話の主題は何かと言うと、

自分の観点にあまりにもこだわるな。

執着するな。


私の考えにあまりにもこだわらない、
執着しないようにしよう。

あまりにも固定観念を持たないようにしよう。

私の観点。
私の観念。
私の概念。
私の考え。


いつでも私が変えることができるものだ。


そしてそれによって、
私は今と完全に違う経験をすることができる!


だから、
結局は

それは私の心持ちにかかっているんだ。


私は、

私の精神の力で、

全てのことを為すことができる



「結論。
一切唯心造。。。」


どこかで読んだことのある結論だな、
と思った方。
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
ぜひ、今日も(ノ∇≦*)
ありがとうございます!!!!!!
[2016/04/15 18:43] | 大津ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆距離と時間も選択次第 後半◆
こんにちは。
山ウサギです。

私たちが
どのような観点を選択するか。

蟻さんに登場していただきながら、
その結果として見えてくる世界について、

昨日よりお話いただいております。

今日はその続き、
後半を、どうぞ!


距離と言うもの。
時間と言うもの。

それは観点に従って、

経験しているもの、
見ているものの観点によって、

いくらでも変わり得るのです。


ですから
絶対的なものではありません。

それは選択なんですよ。


そうでしょう?

私が
「蟻の観点で
この世の中を生きていくぞ」

と選択すれば

そのように繰り広がるのであり、

私が何か意識の成長を成し遂げて、
偉大な精神を持って生きれば、

それを選ぶなら、

あそこに、遠くに見える宇宙、

ものすごい広さの宇宙も、

私たちが今生きている所の生活圏のように
感じられると言うんです。


時間に対する概念を変えれば、

他の人が長くかけて経験することを
とても短い間に経験し、

他の人の経験している長い時間を、

あっという間に経験できるんです。
意識の力でね


結論。
一切唯心造。。。


今日も、ありがとうございます!
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
。゚(゚^∀^゚)σ。゚
[2016/04/14 19:31] | 大津ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆距離も時間も選択次第 前半◆
山ウサギです。
こんにちは!

次は何のお話にしましょうか^^?

...。。。

お返事が無いようですので、

。。。。観点

のお話を、
お届けしたいと思います。


距離や時間も、
観点次第。

結局は私の観点で広がりもし、
短くもなる。

そして、それは私たちの選択!


2回に分けて、
蟻さんに登場していただきながら、

師匠がわかりやすくお話下さいます。


どんな観点を私が選択していくのか。

そんなことを振り返ってみる
きっかけにしていただければ幸いです。

では、お楽しみください!


観点の変化と言うのは
どれほど大事なことなんだろうか。

蟻のような意識にとどまっているならば、
蟻の観点から見れば、
蟻の観点にこだわってみれば、

蟻の観点から見るすべてのものは
天文学的な数値に見えます。

でも私の意識が成長して、
進化をして、
私の意識の幅が広〜くなったら、

蟻の観点から見る天文学的な数字は、
それほど大きな数字とは感じられません。


それは観点の問題なんだ。


今私たちは
小さい観点にとどまっているから、
小さい観点を通してみるから、

その数値が天文学的な数として見えるけれども、

私たちの観点が大きくなるか、

小さな観点から

私たちが抜け出てみたら、

天文学的に広がっている
大きな数字や状況

とても自然なものとして

受け入れられるに違いない


明日に続きます。

続きが読みたい方~
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
ポチッとお願いいたします!
[2016/04/13 18:45] | 大津ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆私自身を感じる~FEEL~後半◆
皆さま、
こんにちは!
山ウサギです。

「フィールを感じてごらん」。

自分自身を感じてみてごらん。。。

そんな師匠の声が、
皆さんに届いているでしょうか。

今日は、FEELのお話の後半。

ぜひお楽しみください!

皆さん、
とても新しい経験じゃないですか?

皆さんが、
皆さん自身について
フィールを感じたことがありますか?

自分自身に対して
フィールを感じてごらん。

それが どれほど 素晴らしいことか。

生きている事について感じる感覚を
受け取ってごらんと言うんです。

私が生きていると言うことに対して...。


その感覚だけで、
皆さん十分に変わっていけますよ。


今まで私はいつも

他のものから影響受け、

他のものから感じて、

他のものからフィールを覚えていた。


...でも1番大事な私自身

すべてのフィールを感じることのできる
その、私自身に対して

どうして、
フィールを感じることが、
できないんですか?


あまりにも皆さんは
自分自身を無視してきたので、

このような言葉が新鮮に響くんですよ。

今日夜、

道を歩きながら、

散歩をしながら、

または寝る前に、

感じてみてください。


自分自身を感じて、

「あぁ、私は今考えている。

意識している。

私は生きている。

私は存在している」。

その感覚1つを持つだけで、

今まで皆さんが感じることができなかった
自分自身を、
感じることができますよ


これ以上、何を言うことがあるでしょう。。。

皆さま、今日もありがとうございます。

       m(__)m



しっかりと自分を感じつつ。。。。
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
ぽっちっとよろしくお願いいたします。
[2016/04/11 22:33] | 大津ツアー | トラックバック(0) | コメント(2)
◆私自身を感じる~FEEL~前半◆
皆さまこんにちは!

今日はサクラ吹雪
を楽しんだ山ウサギです。

満開だった桜が
葉桜へと変わっていきます。

。。。.....

今日から、
二回にわたり、
私自身を感じる。。。

FEELというタイトルで、

講話を、お贈りいたします。


皆さんが

そのような存在を意識します。


私と言う存在。

私。

私。。...


どれほど神秘的だろう?

見て。

感じて。


私がこのように
 生きていると言うこと。


そのように自分を見て、
 観察してみてください。



どれほど神秘的なことだろう?

情熱が生じざるを得ないんだよ。



今はすべてのものを
対象を通して感じるけれど、

どうして
自分自身に対しては

そのような

FEELl(フィール)

感覚を感じられないんだろう?


皆さん自身について、

自分自身について

フィールを感じてごらん。


これは難しい言葉ではないでしょう?


日本の方々、

このことを100%
理解できるでしょう?


FEELのお話。

山ウサギのお気に入りです。

6回にわたってお送りしてまいりました
情熱の講話。

いよいよ、明日で締めくくります。

今日も私自身に対してFEELを感じながら、
素敵な一日をお過ごしください♪

↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
FEELを感じながら、ポチッ。
[2016/04/10 23:56] | 大津ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR