FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
真なる神の本性、本質を悟る。
◆経験と問題◆前編
こんにちは!山ウサギです。
暖かい日が続いていますね^^

今日は、こちらの後に、
生きる上で、
そしてこの勉強をする上で、

とっても参考になりそうなお話の前編をおひとつ~

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
聞いて見たい人~ワンクリック!


この世の全てのことは、
全て必要だから、そこにあるんです。

経験すればいいんです。

そこには、何らかの意味があるわけではない。

深刻さもあるわけではない。

だから全て のことに対して、ただ

経験するんだ。
経験するためにそこに存在しているんだなぁ、
私の物質肉体の経験のために

このような軽い心で、

全てのことを経験するんですよ。


何か捨ててしまうような経験はないですよ。

いつも私たちは分別するじゃないですか。
パタンをつくって。

美しい醜い、いい悪いというように。


ですから皆さん。

そういった判断に陥ってしまうのではなくて、

美しければその美しさを経験し、

醜さがあればその醜さを一度、経験してみる。

よさがあれば
そのよさを一度経験してみるし、

悪いことがあれば
その悪いことを一度、経験してみるんだ


明日、後半が聞きたい方~
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
今日もありがとうございます!
[2015/04/24 18:09] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆最も美しく、最も知恵深き◆
皆さん、こんにちは。

この世で最も美しき魂をもつ人って、
どんな人だと思われますか?

この世で最も知恵深き行為って、
どんなことだと思われますか?


↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
答えを知りたい方、ワンクリックのあと!



ご本人たちはその記憶をもっていませんが。。。
本当に美しい霊魂、
魂をもっていらっしゃる方がたくさんいます。

私が言う美しい魂というのは、
自らを常に探求しようと努力してきた人たちです。

私が一体どのような存在なのか?

そのように自らを探し求めていた人たち。

そのような美しい魂の人たちがたくさんいます。

ただ、過去世においてはその答えを得られなかったために
もう一度この世に生まれてきて、

その答えを得ようと努力していらっしゃるのですが、

自らを探し求めるというその美しい考えを
そのまま持ち続けています。

皆さん。

この世の中で最も美しいことは、
この宇宙でたった一つである尊い存在である自分。

その自分自身を知り、
探し求めていく努力をすること。

そのことこそが、美しいことなのです。

皆さんご存知のように、
私が私自らを知らずにいるということはできません。

皆さんは自分自身に対する記憶を
ほんの少し忘れているだけなのです。


また、このような勉強というものは、
まさに、自分自身に対する記憶を探すことです。

私は本当にどのような存在なのか。
私の真の姿はどのような姿なのか。

その、自らに対する記憶を探し出すことなのです。

それがこの世で最も美しい行為です。


またそのように自らを知ろうと努力していれば、
私自身に関心を持てば、

それが最も知恵深き行為であり、
自らを探し求める過程において、

自分自身が
最も知恵深き人間となりえるのです



このブログを読んで下さっている皆さん。
美しき魂をお持ちの皆さん。。。

今日も、ありがとうございます。。。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
さよならの前に、ワンクリック

[2015/04/23 17:47] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆若返りの秘訣◆
山ウサギです。
こんにちは!

昨日までのシリーズで、
人間の神秘についてのお話をご紹介しました。

今日は、おまけ?で、若返りの秘訣!

いえ、タイトルの軽さにだまされないで下さい。

私自身の生き方そのものを見つめる
きっかけになるような、

そんなお話です。


私自身に対し
創造的なエネルギーを使えば、

病気もなくなり、

超能力も生じて、

若くなって、

知恵深くなって。。。


今私を苦しめているエネルギーの
十分の一だけ使っても、
そうなりますよ。


だから今、
皆さんに老化現象が起こっているのは、

自然が起こしているのではなくて、
本人自身が、
起こしているんですよ。

今皆さんは自分自身を老化させるために、
ものすごいエネルギーを
費やしているんですよ。


私は、
私自らで費やしているエネルギーのおかげで、

ずっと順調に、
老化していっています。

いつも悩んで。

いつも不足感を感じて
いつも不満を持ち、
いつも怒りを起こして。


いつも皆さんは、
そのようにエネルギーをよく使ってあげているから、

体はずっと続けて、

うまい具合に、

老化しているんですよ。

病気になってね。


だから皆さんは
エネルギーの方向だけを変えたらいい。。。

私自らが、知恵深く自覚を通して、
心の中心を探し出して、
心の平和を探し出さなければなりません


あらためて。
私に向かう。



[2015/04/14 16:49] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆神秘的な存在◆PART4
こんにちは^^
山ウサギです。

私たちが本来、生まれながらにして持っている、
神秘。

それを、退化させてしまった。

誰によって?
何によって?

。。。自我に、閉じ込めることによって。

昨日の続きです。



「私は誰だれだ」。

「この肉体的な私が、私の実体だ」。

そのようにして、

私を自我という
限界のあるものに閉じ込めて、

宇宙のエネルギーと、


断絶させた。


それで人によっては、
生命エネルギーが70年80年だけ
循環するようになっている。

そして病気になったら
病気で肉体を捨てるようになっていて。。。

だから実際的には、
肉体と言うのは本当に完全体に近いほど、

本当に精巧なシステムによって、
統制されるようにセッティングされている。


だから皆さんは、一度でそれを取り戻すことはできなくても、

少しずつ。。。

修行を通して。。。

少しの修行を通しても、

取り戻すことが、できる。


今私たちが不治の病と呼んでいるものから、解放される。

人によっては
600年から1000年、2000年、3000年という風に、

寿命を維持することが、できる。

それは難しい、ものすごい修行をしなくてもいいんだ。

無病で長生きするということ。

それは少しの修練だけでも実は、可能です。

それは本当に、難しいことでは、ない



私自身が、
私自身を、
限界のあるものに閉じ込めた。

私自身が、
私自身を、
退化させた。

でも、
その失った力を、
取り戻すことが、
可能だ。

明日に、続きます!

[2015/04/12 17:29] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆神秘的な存在◆PART3
こんにちは、山ウサギです^^

私たちがもって生まれた神秘。

脳。

昨日の続きです。

その波動を捕まえ始めたら、

その松果体とつながっている脳下垂体から、
特殊なホルモンが体に分泌されるようになる。

脳下垂体がそれを伝達するんだが、
そのホルモンには再生能力があるんだ。

そうしてずっと細胞を新しく再生し続け、

新しい生命を生み出すようになる。

そのホルモンが出始めたら、
肉体は2万年維持することができるようになる。

だから、もともとは肉体の寿命と言うのは2万年です。

人間の体と言うのはそのようにセッティングされています。

でも、あまりにも退化させてしまいましたよ、私たちが。

最も根本的な原因は、

自我というものに
閉じ込められたからです


閉じ込められた?

誰が?

誰に?

どうやって?...

明日に続きます。

[2015/04/11 20:14] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR