FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
真なる神の本性、本質を悟る。
許せん!そのときは(2)~子どもと大人~
こんにちは。
山ウサギです!

昨日は、
「許せん!そのときは。」

というタイトルで、
おおくりしました。

今日は、
昨日とは
少し別の角度から、

「許せん!そのときは。。。」

お楽しみください!


子どもと大人は、
喧嘩の相手にはならないでしょう。

大人たちは、
子どもの水準を理解しますよ。

子どもが悪口を言ったからといって、
本気になって怒る大人というのはいません。

なぜなら、大人は
「ああまだ子どもなんだから
という風に、

理解するからですよ。

私自身の感情や考えを見る時、

その瞬間は、
大人になっているということなんです

それで、
自分自身を見ることのできないでいる人から、
ストレスをうけることがありません。

私が怒るというのは、
私が自尊心が傷つけられたと思って、

怒るのです


自分自身を見ることのできない子どもから、
どうして自尊心を傷つけられることが、
あるでしょう。

そういう風に、
自分をじっと自分見続けていたら、

自然と、
相手が、
見えてきますよ。

「ああ。
この人は、
まだ自分自身を見れずにいるんだなぁ。

自分を見ている私が
あの人を、
理解してあげよう」。


そういう風に
理解することができれば、

相手が私に,
どれほど気分の悪いこと言ったとしても

それはまるで、
子どもが、
私に対して悪口を言っているように、

一時的には、
気分が悪くはなるかもしれませんが、

それがストレスまではいきませんよ


本来の私の位置を守ること。

大人の私としてあること。

そのために、

自分を見続けていくということ。

「許せん!」
は、それを気づかせてくれる、
貴重な機会。


いつも
遊びに来てくださって、
ありがとうございます
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
歩けば
にあたる。
意味不明でした
応援、ありがとうございます
スポンサーサイト



[2013/07/21 22:07] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<☆何もなくても満足★何があっても不満 | ホーム | 許せん!そのときは(1)~本来の私の位置~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mastergatekoyuki.blog.fc2.com/tb.php/90-b6ebf0ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR