FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
真なる神の本性、本質を悟る。
今、私と思っているこの意識
こんにちは^^
山ウサギです。


昨日は、意識の拡張というテーマで
師匠のお話をご紹介しましたが、

別の講話で、
師匠が意識の拡張について、
分かりやすい例えでお話くださったことがあります。

今日は、そちらをお贈りします!


皆さんが今、わたしと思っているこの意識は、
皆さんがいちばん小さいものを経験してみたくて、
いちばん微小なものを経験してみたくて、
わずかな間、
そのいちばん小さいものに集中しているだけなんです。

そのいちばん小さくて微少なものを経験してみたくて、
あまりにも大きな意識が
このあまりにも小さいところに集中しているだけにすぎないのです。

皆さん、針で自分の手の甲を突き刺してみてください。

針で刺したらそこが痛いですよ。

皆さんは針で突いたその針の先の痛みを経験しているんですよ。

この針の先の、そのわずかな間に感じる痛みが
今私たちが言っている「自我」というものです。

瞬間的であり部分的であるその痛みも
実際存在しているので、
その部分的な痛みを、私だといっているんですよ。

皆さんはそれほどまでに、
いちばん小さいものを経験したがっているので、
しばらくの間そのいちばん小さいものにとどまっている。
集中しているんです。

でもそれも結局はわたしたちの選択です

あとになったら、
これは指の1つの部分だったんだなぁ、
今は手のひらの1部分になったぞ。
腕の1部分だったんだなぁ。

そしてもっと広がってみてみたら
私の体の1部分だったんだなぁ。

こういう風にして皆さんの意識は全体的に広がっていき、
悟っていくんです。

究極的に言ったら今の私というのは、
この手のひらの1部分を突き刺したところに過ぎなかったんだ、

そういう風になっていくんです。




結局、私たちが主人ですから、
全て選択しているのですから、

小さいところで集中するのも、
広がっていくことも、

全て私たちの自由ですから、

どっしりと構えて、

私たちは、自覚さえしていればいいんです^^

なんといい話ではないですか!!!

なんと簡単な話ではないですか!!!

ともに歩んでくださる皆さま、
ありがとうございます!!!
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

面白い、分かりやすいと声をかけて下さっている皆さま、
励みになります^^ありがとうございます~
スポンサーサイト
[2013/05/27 21:56] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<人からの、影響を、受けない。 | ホーム | 私の意識は拡張していくんです。>>
コメント
なるほど!^^
[2013/05/29 08:56] URL | カイト #- [ 編集 ]
いつも、ありがとうございます!
ともに学んでいける仲間に感謝です♪
[2013/05/31 22:30] URL | 山ウサギ #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mastergatekoyuki.blog.fc2.com/tb.php/33-ae5ef73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR