FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

10 | 2019/11 | 12
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
真なる神の本性、本質を悟る。
◆本当に大切な矛盾◆賤民編
山ウサギです。
こんにちは!

昨日からお届けしております、
名古屋ツアーでのお話し。

師匠はこのお話をなさりながら、

「これは今日
初めておいでになった方だけではなくて、

私と一緒に10年15年
一緒に勉強してきた会員にとっても

大事な話です」。

そうおっしゃいました。


そしてツアー中、

調を変えて繰り返される、
壮大な音楽の旋律のように、

「1万5千人を殺した殺人者」

のお話をベースにした
同じテーマのメロディーが、

何度も何度も、

奏でられているように感じました。


昨日に続きまして、

◎まずは、師匠のお話を少しまとめて、
ご紹介し、

◎その後で、
それに続いた師匠のお話をそのまま、
ご紹介します。


どうぞ、お楽しみください!!!!!


◎まずは、コチラ↓↓↓



師匠がご紹介くださった禅師のお話


●中国にすべての禅仏教の始祖である

達磨大師と言う方がいた。


ある人が達磨大師に対して

このような質問をした。


「大使様、賎民も悟ることができますか?

動物を1日に数百、数千頭殺す、

その賎民も仏陀になることができますか?」と。


達磨大師は

0.1秒もためらうことなく、

「そうだ。

賎民もやはり悟ることができる。」
とおっしゃった。



◎師匠のお話です。


皆さん仏教において、

最も大きな罪過として残っているものは

一体何でしょうか?


1番は

不殺生と言うことです。

これは仏教における最初の戒律です。


絶対に他人の命や、

他の生命を奪ってはいけない
んです。


そのようにお話になったお釈迦様は実際、

仏教の創始者であるお釈迦様は、


森の中を歩くとき、

弟子である阿難に行かせて

「自分の行く道から蟻をどけなさい」と言いました。


お釈迦様は

蟻1匹さえも踏んでしまうのが嫌なので、


「私がいるときにはいつも生命、

昆虫がいないかどうか確かめ、

それを全部逃しなさい」

と頼んだのです。


では、

仏教の創始者であるお釈迦様は

そのような心持ちで生きられたのに、


禅仏教の創始者である達磨大師は、

1日に数百頭もの動物を殺す

賎民が

仏陀になれる

と言ったんですよ!






少し長くなりますので、
コチラに続きます。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ       
↑↑↑↑↑↑
もう一息!!!

20170618全体講話


スポンサーサイト



[2017/10/17 11:55] | 名古屋ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<◆本当に大切な矛盾◆皆さんへの問いかけ編 | ホーム | ◆本当に大切な矛盾◆殺人者編>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mastergatekoyuki.blog.fc2.com/tb.php/264-557a54ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR