プロフィール

山ウサギ(サントッキ)

Author:山ウサギ(サントッキ)
自称ゲート師匠の狂信徒、サントッキでございます。笑
(※注)キャンドルライトは、宗教団体ではございません。笑笑
大自由の霊魂として自覚、精進いたします!
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (13)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (29)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
真なる神の本性、本質を悟る。
◆肉体意識圏からの脱出◆PART5
山ウサギです。
こんにちは。

肉体による支配。

肉体的な意識圏からの、

脱出。


最終回。

徹底的に、

最後まで。


師匠、お願いいたします。



ですからこれからは、

肉体の意識圏から出てくるもの、

そういうものを皆さん徹底的に
支配していくのです。



皆さんが完全に霊魂の主権を取り戻せば、

どのようなことが起こるでしょうか?


それこそまさに、

皆さんの偉大なる本性

現れるようになるのです。



皆さんの本性がどのようなものでしょうか?


この全~ての、このもーのすごい宇宙

この宇宙を生み出した空間!

それらを存在せしめているエネルギー!


そのすべてを、

あらしめているもの
なのです。


…そのように皆さんの本性が、
目覚めていくのです。




私たちには知性と理性があります。

まさにこの知性と理性を全て動員して、

それによって洞察を起こし、

皆さんの主権を行使していくのです。



当然なる私の自由を探し、

神聖なる自分の姿

現れるようにするのです




今までは、
本当に本当~につまらない、

いくらでもつくり出せるような、
私の創造物である肉体。

そこにあまりにも
支配を受けて生きてきました。


死んでからさえも
その支配を受けてきました。

私の偉大なる霊魂が、

肉体的な意識圏の、

その支配を抜け出ることが
できませんでした。



生きている間も奴隷。
死んだ後も奴隷。


ですから、
このような暗黒から

今こそ抜け出るときです。



そのためには、
私の主権を自ら取り戻さねばなりませんが、

私の本性に対する洞察を深め、

その主人の役割を皆さん自らが得て、

それを行使すると言うことなのです




これからは徹底的に、

肉体の意識から出る考えや感情を

支配していくべきなのです!




これはあまりにも当たり前のことなのです。

そんな当為性を持てと言うのです。

「これは言うまでもないことだ」。


これは、実に当たり前のことで、

至極 常識的な 真理

ではないですか


はい、師匠。


ふと、
「脱兎のごとく...」
なんていう言葉が思い浮かびました。

ウサギだから。笑


でも、これまで何万回の人生で
おそらくそうしてきたように、

脱兎のごとく、

考えや感情から
逃げるのでなく、

今生では、
すべてをしっかり見据え、

すべてを支配し、

神聖なる自分の姿を現して、

生きます。


師匠、ありがとうございます!
(__)(__)(__)


↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
さぁ!みんなで!
支配脱出!支配脱出!支配脱出!

20161111日講



スポンサーサイト
[2017/02/26 09:15] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<◆信じる心◆ | ホーム | ◆肉体意識圏からの脱出◆PART4>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mastergatekoyuki.blog.fc2.com/tb.php/228-bd89f3b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR