FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (17)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)

08 | 2018/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
真なる神の本性、本質を悟る。
◆師匠からの、喝!!!◆PART3
山ウサギです。
こんにちは!

今年も残りあと2週間ほどとなりました!

寒さが増しておりますが
皆さまお元気お過ごしでしょうか?


ウサギはというと、
どうも週末から風邪をひいていたようで....

週末は身体が温かい、
と思っていたのですが、

今日は身体が痛いなと思い、

ん?と思い熱を測ってみたら、

あぁやっぱり風邪でした

インフルエンザも流行っているようですので、
皆さま、ご自愛くださいね



では、本代


いや、本題


努力、意志、習慣、当為性...


師匠からの喝!というには、
あまりにも当たり前のようなお話だ、

とお感じになられている方も
いらっしゃるかもしれません。

でも、これこそが、本当に、
この勉強のミソの一つであり、

この気持ちを
初心として持ち続けることができるかどうかが、

全部でもあるのでは、と思えます。


引き続き、
師匠からの喝!

どうぞ、
気合を入れて、
お楽しみくださいませ^^。



現実というものは
誰に対してもみな!起きているものなんだから。

それは老若男女に関係ないものなんだよ、皆さん。


「師匠、私は無学ですし...」

それと知識とは何の関係もないんだよ、これは。
そうじゃないか!


「ここには学ぶこともなく、得るものもない」と
言っているじゃないか、師匠が。


「わかる」って
何がわかるって言うんだ!


わかっているのは
みなニセモノなのに、実は。



…本当にそうなんだ、皆さん。

この世で皆さんが探せるものは

何もない

何を探すっていうんだ?

皆さん
もっと何を学ぶって言うんだ?


皆さんは学ぶことも必要なく
これ以上わかるべきものもない。


ただひたすら
私自身を探すこと以外には
何~にも!ないんだよ、皆さん。


どんな本を読む必要もない!



...全!くそんなものは
大事なことではないよ。

ただ無条件!これだ。


私が誰かを

探さないといけない。




皆さん、
そしてそういう努力をしていけば、

皆さんにはそういう体験が
来るというんだ、皆さんには。



当然来るんだよ。

当然



私が、

私を探すって

言ってるんだから。




そうして
もう資格としては十分であり...


条件としては

皆さんは十分な条件を備えている



皆さんは、
皆さんを探すために

どんな条件やコンディションや...

そんなものはいらない。

すでに皆さんが存在している

ということ自体、

十分条件なんだ。



皆さんは、
皆さん自身をわかるようになっている
と言うんだ。

努力さえすれば。


そうするためには...

なぜまだわからないのか!?

まだ動機付けができていないから

そうなんだ



その動機付けを、
誰かがどうにかして植え付けられるだろうか?

「どうかどうか、自分自身を探してくれ」

こんなふうに言うなんて話になるか?


自分が

なんとかしないければならないんだ


皆さん、本当に。


これを喉が渇いた人が水を探すように、

飢えた人がご飯を求めるように、

6,70代の老いた寡婦が一人息子を亡くした後、
その息子を恋しがるように。

。。。

君たちにはわかるだろうか?

老いた寡婦が一人息子を授かったんだが、
その子が死んでしまった。

そうしたらその子をどれほど思い出すだろうか…

そんな気持ちで…

そんな気持ちでしろと言うんだよ、

皆さん!



.....続きます。


↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
スポンサーサイト
[2016/12/19 16:29] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
<<◆師匠からの、喝!!!◆PART4 最終回 | ホーム | ◆師匠からの、喝!!!◆PART2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://mastergatekoyuki.blog.fc2.com/tb.php/216-743ab8f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR