FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

04 | 2015/05 | 06
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
真なる神の本性、本質を悟る。
五日目◆番外編 スペシャル◆
山ウサギです!

今日は二度目の こんにちは^^!


さきほど投稿させていただきました記事

五日目◆神と人間、光の存在たち◆

ではもちろん、

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へこれをポチッと
押してくださったと思いますが


まだの方は、
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ今ここでポチッと。
まだ間に合います。ハイ。笑



さて、先ほどのブログの中の、

「神は君の未来だ」

なんていう格好いい師匠のセリフや、

「神への帰還」

なんていう素敵な言葉。

まだまだ記憶に新しいかと思います。


ですが、まだぴんとこないよ

そんな風に思われた方もいらっしゃるのでは。。。


そこで!


今日は、特別番外編付き!


なぜなら。。。『人生と悟り』

出版日が、決定したからです!!!

5月15日


というのは、実は本企画とはあまり関係がありません。


(出版日が決ったのは、事実です!!!)



仕切りなおしてもう一度。

なぜなら。。。


韓国キャンドルライトのお兄さんが、

私たちのために、

こんなプレゼントをつくってくださったからです!!!


そして、
あまりにも今日のブログにタイムリーにフィットしましたので、

スペシャルプレゼント。
絶対者の血統


楽しんでいただければ嬉しいです^^

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
オッパ、いつもありがとう!!!
スポンサーサイト
[2015/05/09 19:24] | 『人生と悟り』第一部人生 | トラックバック(0) | コメント(0)
五日目◆神と人間、光の存在たち◆
こんにちは!
山ウサギです。

『人生と悟り』シリーズ、
今日は五日目。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ本日も、よろしくお願いいたします^^


第一部
第4章「神と人間、光の存在たち」。

「神という存在はいないのですか。
もしいるなら神はどんな存在でしょうか」

このような疑問で始まる本章。

師匠は、答えます。

神は君の未来だ

そして。


君たちの体は今、
      始まりで出発だ。

今、君たちに与えられた「神への帰還」というのは、

運命の始まりにすぎない。

だから君自身を
     今の有限な肉体に限定しないことと。


その後、さまざまな比喩を多用しながら

私たちの意識の跳躍
神に対する勘違い

私たちが神の領域に至るようになる過程から
宇宙の階級構造の話に至るまで、

比喩が示すものが何なのか
正確に見破る洞察力を持つようにと、

注意を促されつつ話は進む。


地蔵菩薩(メルキゼデク)、霊王、イエス、
宇宙の絶対者、全知全能の神。。。

(彼らが誰だかわかる方も、わからない方も...
とにかくすごい人たちと言うことです。笑)



彼らは全知全能だ。
      けれども彼らは、
         最初から全知全能だったのではない

続けて、

彼らは今の全知全能のために長い間努力をしてきたし、
その努力が実を結んだのである。

彼らは偉大な成就を遂げたという面で、
人類の亀鑑となって尊敬されて当然だが、

だからといって畏敬の対象になったり、
信仰の対象になる必要は ない



この章を読んで皆さん。

これらを童話の中に出てきそうな星の世界、月の世界の話

で終わらせますか?

それとも......。


宇宙のすべてをきちんと理解しようとするなら、

君たちが白黒受信機から

カラー受信機へ変わってこそ


ウサギは、カラーを選択します。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へコメント、なぜ横に変わったんだ?笑

[2015/05/09 17:19] | 『人生と悟り』第一部人生 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR