プロフィール

山ウサギ(サントッキ)

Author:山ウサギ(サントッキ)
ゲート師匠によって見性印可をいただき、新たな生を歩みはじめました。愛称はサントッキ(山ウサギ)!大自由の霊魂として、自覚、精進いたします!^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (11)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (28)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (1)

07 | 2014/08 | 09
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
愛する師匠のご紹介とウサギのつれづれ
◆神と私と成長と成熟◆~スケールの大きな話~
こんにちは!
山ウサギです。

ところで皆さん。
神さまって何でしょう?

創造主?
全なるもの?
完璧な存在?

いろいろな意見が出ますね^^

今日は、
神が存在するかとか、
どうとか、こうとかを、
議論する気はありません。

ストレートに入っていきますね。

師匠はおっしゃいます。

皆さんが勘違いしていることのひとつは、

「神は完璧であるために
固定普遍であるはずだ」

という考えです


はい。

今日は、このことについて、
師匠のお話を伺ってみたいと思います。

タイトルは、『神と私と成長と成熟』。

では、どうぞ!!!

全ての存在は、
それがどんな方式であるとしても

成長と成熟を志向します。


神もまた、神なりのやり方で、

成長と成熟を志向します。

けれども、もうそれ以上の成長と成熟もなく、

あわせて、変化と創造もない状態は、

完璧な状態ではありません。


ゆえに、神も創造と言う経験を通して、

成長と成熟の旅程を行っています。


創造の過程は不完全さを帯びながら
完全を志向します。


そして、その不完全ささえも、
神の観点では、
完全さの別の姿であるだけです。



そして、人間も、
創造を通して、
成長と成熟をします。


「人間がそもそも神であり、
神でないときが一度もなかった」

というのは、そのためです。

すなわち、スケールが違うだけで、
存在する全てのものは結局、

自分の水準での創造ゲームを楽しみながら、
成長していっています。

そのように成長していってみれば、

皆さんも結局は、

宇宙的スケールで創造ゲームを楽しむ神の班列に、

到達するようになります。

皆さんがそもそも神だった

という事実を、
記憶しておくことが、重要です


スケールの大きな話です!

私たちはそもそも、
それだけのスケールの存在なのですね!!

そんな私たちですから、
今日も、楽しく創造ゲームをいたしましょう!!!

そんなスケールの中で、
こんなこともできちゃう私たち。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑↑
一回、ポチッ
スポンサーサイト
[2014/08/11 14:38] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆私たちの存在とは◆~生まれる覚悟、死ぬ恐怖~
皆さん、こんにちは!
山ウサギです。

昨日は
目覚めた人とは~夢と幻想の狭間で~

と言うタイトルでお送りしました。

この世は夢?
そんな虚しい!

そんな考えを創られた方、
はいらっしゃらないかもしれませんが。。。

そんな方がいらしたら、
今日はぜひお読みいただきたいです^^

ギュッと凝縮した師匠のお話。

お楽しみください!


人生が夢であって虚しいというのは
ニーチェ式の絶対的虚無ではなく、

その虚無さえもあるようにする空の世界
まさに皆さんの本来の世界であることを

知らなければなりません。

皆さんは虚しい存在ではなく、

その虚しささえも選択して創造できる、
偉大な大自由


偉大な創造性

それ自体です。


皆さんは、
大変な覚悟をして生まれてきました。

「この度の生では何かを成したい」

「今回は悟らねば」
「今回はこのように生きなければ」

という大きな決心をして生まれました。

ですが、皆さんは実際生まれてからは
その事実を忘却して、

また世俗の流れに飲まれて生きていきます。

そして、死んでからはまた、

生前愛を成せなかったことへの悔恨、
富を享受できなかった惜しさのようなものについて
ストレスを解き、

そうしてまた、

目新しい経験をしてみたくなって、

大変な覚悟で生まれて、

そしてまた死ぬことを、繰り返します。


皆さんは死を恐れていますが、

このように皆さんの意識は永続する
のですから、

恐れることはありません

体が死ぬとしても、
考えまで死ぬことはありません。


それで、正に今、
この世界にいるとき、

この世界も悟り、
あちらの世界も悟って、

「もうこれ以上現象にのまれない」

そんな自覚を得なければなりません


それだけの覚悟をもって
この世にやってきた私たち。

こちらの世界も、
あちらの世界も超えて、

本来の世界を悟るために。。。

(__)(__)(__)

before you go....
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑↑
Do click on the button!!!
Thank you
[2014/08/09 15:05] | | トラックバック(0) | コメント(2)
◆目覚めた人とは◆~夢と幻想の狭間で~
こんにちは^^
山ウサギです。

「この世は夢の中の、
水の泡のようである、幻である」

お釈迦様が、
そうおっしゃったと言います。

今日は、師匠に、
その続きのお話を伺いましょう。

その夢から覚めるとは、
どういうことか?

夢から覚めた人とは、
どういう人か?

ぜひお楽しみください☆


まさに皆さんがその夢を見て、
その夢をあるようにして、
その夢を創造しました。

夢から覚めるというのは、
まず私が夢を見ているという事実を自覚して、

また私によってその夢が存在して
繰り広がっているという事実を、
自覚することです。


生が夢であることを知って、
その夢の主体が自分であることを知っている人は、

決して夢が与える幻想に
振り回されません。

生の喜怒哀楽に一喜一憂することがあっても、
すぐに本来の自分の立場を取り戻します。

喜怒哀楽を起こす自分の考えや感情を
常に注視します。

普通の人は
考えと感情に陥っていますが、

そのように目覚めている人は、

考えと感情を、使用します

普通の人たちは
怒り出し、
興奮し、
悩みますが、

目覚めた人は、

怒らずにいながらも怒ることができ、

興奮せずにいながらも興奮することができ、

悩まずにいながらも悩むことができます。

考えと、感情の主人。

こうした人を夢から覚めた人といいます。


皆さんは、
生を現実と認識します。

生を現実と認識すればするほど、
幻想はさらに深化します。

けれども、
それが幻想であることを自覚するとき、

幻想ははじめて、
実体を失います。

唯一つ、
実体があるとすれば


その全ての夢と幻想をあるようにした
<私>だけが、

唯一の実体です


目を覚まそう。
<私>だけが、
唯一の実体!

ご清聴、
ありがとうございます。。。


その<私>
が押すことのできるこのボタン。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑↑
押して、夢から覚めよう
[2014/08/08 17:20] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆宇宙に偶然はあるか?◆
山ウサギです。
こんにちは!!!

偶然会いたかった人から連絡が来て

その人が偶然ほしいものを持ってきてくれて

偶然私が昨日考えていたことを、
その人も考えていて。。。

そんなすてきなことって、
ありますよね^^

そんなあなたに、
今日は、この一服。

皆さんは、
自分の生まれた環境をとがめる必要もなく、

他人の環境をうらやんだり、
嫉妬したりする必要もありません。

宇宙にはいかなる偶然もありません。

宇宙はそれ自体、
もっとも完璧なスーパーコンピューターであり、
一寸の誤差も許容しません。

全てが皆さんの努力の結果であり、
皆さんの選択の結果です。

世の中は、中立です。

宇宙は、中立的なエネルギーとして、
いつも私の意に従うようになっています。

ゆえに私の考えと心を通して心象化したものが、
やがて私の目の前に繰り広げられます。

つまり、全ての結果は、
全面的に私によって決定され、
その私の決定が、
まさに原因となるのです。

原因による結果ではなく、

私がすなわち原因であり、
私がすなわち結果なのです。



私は、この法則に
従わなければなりません。

私が世の中を経験するために創り出した、
私の法則であるからです

なーんだ、全部自分か!

すばらしい??
耳が痛い??

^^心配ご無用。

今一度、心に刻みましょう。

今、私が、
結果。

今、私が、
原因!


これを押すという原因
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑↑
幸せという結果
[2014/08/07 14:39] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆どう意識を進化させるか?◆
こんにちは!
山ウサギです^^

暑さが続きますが、

愛と感謝
乗り切っておられることと思う今日この頃、
→コチラの記事復習

皆さまいかがお過ごしでしょうか?

今日は、こちら。
このブログを読んでいる方の、
好きな話題ではないかと思われます。。。

意識の成長。

お楽しみください!
何かをするにあたって、

明確な目的意識をもってする時と
何も考えずにするときの差は、

大きい。

皆さんは今まで、
自分が経験した全ての経験を、

何の考えもなく
または何の概念もなく、

してきた。


これからはどんな経験をしようとも、

このような経験を通して私が成長成熟していく
と言う事実を意識しながら、

それをしてください。


もちろんそれを意識しなくても

全ての人たちは経験を通して、成長成熟する。

けれども意識しないとき、
成長と成熟は鈍い速度で進行し、

反面それを意識するときは、
その速度ははるかに速くなる。

意識の無意識的進化ではなく、
意識の意識的進化をしようと言うのです


意識の意識的進化。

実は、別のときに、師匠は
「皆さんが成長、成熟するなんて、うそだ!」

とお話されました。

一方で、私(師匠)も悟ってから、
何回も、何百回も。。。
新たな悟りを通して、成長し続けています、

とおっしゃっています。

どちらも、そうだと思います。

観点の違いです。

今、私がどの観点をつかっているのか?
も意識してみると。。。

ぽちっとこれを押してみたくなりますね~
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑↑
山ウサギの観点でした
[2014/08/06 13:37] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆夏ばての、特効薬◆
こんにちは!
山ウサギです^^

夏です。
あっという間に、夏です。

「ブログはもう更新されないの?」

そんな声を、以前は何度となく聞いておりましたが。。。

最近は、このブログの存在すら、
忘却のかなたにありました笑。

今日は夏ばて気味で体調が悪い、
とおっしゃる方に。

こんな師匠の言葉を、
お贈りしたいと思います。


誰でも皆、
肉体を生活の拠り所としている現在、

この世の中で最も大切なことは、
肉体の健康であり、
肉身の健康に気を配ることです。

そのために、
肉身の主人である私の心を整えるのが
より優先的なことであり、

私の心を調和に満ちた状態に整える最もよい方法が、

愛と感謝の心を持つことです。


愛する心に、自覚が共にあります。

許す心に、自覚が共にあります。

配慮する心に、自覚が共にあります。

感謝する心に、自覚が共にあります。


愛も、感謝も、自覚と共に。

皆さま、どうぞ、ご自愛(覚)ください
(__)(__)(__)

さて、本題
※※※newsお知らせです※※※

二ヵ月後に、
師匠に会うことのできる、ツアーが開催されそうです♪♪♪
場所はベトナム、ホーチミン。

。。。キャンドルライトですから、どうなるかわかりません。

ココだけの話。
これまでも、開催1ヶ月前に急にツアーが決まったり、
急に日程が変更になったり。
イベントのキャンセルも日常茶飯事。

でも、何が起きても自覚、自覚。

すべて、自覚のために起きていること。

これがキャンドルライト、ですから!!!

でも、なんとなく、
師匠に会えるチャンスがあるかも。。。
と心の片隅に。

ツアーがあろうがなかろうが、
自覚、自覚。

こちらのニュースが、
より強力な、夏ばての薬になるかしら?^^

※※※お知らせ終わり※※※
(追記)今回のツアーは、
キャンドルライトメンバーに限定されることになりました。
参加ご希望の方は、
メンバーになられた上でのご参加となります。
ご了承ください。
入会に関してはこちら


また更新されますように~
皆さまの応援、よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑↑
幸せのピンクの山ウサギ。
[2014/08/04 11:38] | 三次元な話 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR