FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

06 | 2013/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
真なる神の本性、本質を悟る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
コレが最優先!
山ウサギです。
こんにちは^^

昨日、マスターゲート氏による、
タイツアー全日程が、
終了しました。

仕事、家族、
あるいは経済的な面で、

参加が難しいと言いながら、

最終的にはいらっしゃった方も

多数おられました。

(ウサギを含め笑)

こんなお話を師匠がされていましたので、

ご紹介します。


皆さんが本当に難しい状況にいたときに。。。
皆さんが崖から落ちていたときに、

綱が下りてきましたよ。

「この綱は私が嫌っている人たちが下ろした綱だ」といって、
皆さんはその綱にしがみつきませんか?

私が本当に落ちていくのに、

その綱が誰が下ろしているかが、
関係があるでしょうか?

とにかく私がまず、
生きないといけないじゃないですか。


そういったように、
この心の勉強というのは、

私が目覚めていく、
悟っていく、
ということが、

まず優先されなければなりません。

本当に私の精神が目覚めていくためには、
お金とか他のことが、

問題になるわけがないんだということ。

私の生活の方式も、
一度変えてみることができる。
本当に一度、
悟りというものを得てみようじゃないか。

そういった精神が必要なんですよ。

ですから結局は、
皆さんの心持次第にかかっているんです。

だから、

会社のため、

経済的な理由のため。

また、私がそういう風にすることは、
生活のパターンではないからできない。

そういった言い訳めいた言い訳で
悟りを放棄するということは、

あり得ないことなんです。


皆さん。

精神が目覚めていくということほど、

価値のある大事なことが、ありますか?



私の精神が悟って変わる瞬間、

私は他の人に変わるんですよ。



私は絶対にそんな風に変わる人ではない、

というならば、

私はそんな風に変わる人にも、
なることができます。


私は私が選んだいろいろな人に、

いくらでもなることが、

できるんですよ


タイからの中継?を楽しみにしてくださっていた皆さん、
そして、今、それらを読んでくださっている皆さん、
本当に、ありがとうございます。

これからのウサギ、
どう変わっていくでしょう。

ますます自由になれることが、
楽しみです!


お読みくださり、
ありがとうございます!
明日は移動日につき、
ブログお休みさせていただく予定です。
よろしくお願いいたします☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
が、以前の記事への
応援クリック、大歓迎です~♪♪♪笑
日々の応援、ありがとうございます
スポンサーサイト
[2013/07/13 19:22] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(3)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。