プロフィール

山ウサギ(サントッキ)

Author:山ウサギ(サントッキ)
ゲート師匠によって見性印可をいただき、新たな生を歩みはじめました。愛称はサントッキ(山ウサギ)!大自由の霊魂として、自覚、精進いたします!^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (11)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (28)
ハノイ (4)
大阪センター (3)

06 | 2013/07 | 08
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
愛する師匠のご紹介とウサギのつれづれ
皆さん★コレ★を抜いてください
こんにちは^^
山ウサギです。

昨日は、
悔しい私☆不安な私☆偉大な私
にて、

悔しい事。
悔しい気持ち。

そういったものを全部、
払ってしまって、

今の私に主権を!

とおっしゃる師匠の講話を、
ご紹介しました。

今日は、別の日に、

私たちに

人生の中から
「○○」を抜いてください、

とお話された講話がありますので、

そちらをご紹介します。

○○。
それは。。。

こちらです。

皆さんの人生から、

他の人と
比較するということを


抜いてみてください。

皆さんは、

どれほど多くのものから
自由になり、

それから、

楽になれるでしょうか。

他の人を
みなくなるし、

他の人と
比較をしなくなるから、

自分だけを、
みるようになりますよ。

自分だけをみて、
自分だけに関心を持ち、

自分だけを、
愛するようになりますよ。


私自身に、
関心を持つように
なってみてください。


私が
どういう風に
変わっていくか。


すべての事は、

自分自身に対する
無関心から、

起こってきますよ。

精神的な病気。
肉体的な病気も。

なぜなら
エネルギーが、

関心を持つ、というのが
エネルギーなのに、

いつも、
エネルギーが
外側にいっていて

自分に
向けられていないから。

病気に
ならざるを得ないでしょう。


ですから、
そういった比較を通して

他の人をみずに、
他のものをみずに、

私をみたら、いいんです。


私が
どのように
変わっていくか。

皆さん。

一度
体験してみてください


比較~比較~比較~

「比較というのも、
精神的な癌ですよ」
とお話された

精神的な癌★★

のお話もありましたが。。。

私を、みる!!!

これに、尽きる


今日も、ご訪問、
ありがとうございます!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
クリックをして、
早く師匠を日本に呼ぼう~
応援、ケーソケソ、
お願いいたします

マスターゲートと仲間たち

ブログウサギ村
スポンサーサイト
[2013/07/31 20:13] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(2)
悔しい私☆不安な私☆偉大な★私★
こんにちは^^
山ウサギです。

何か、
悔しかった、
って思うこと、

思い出せますか?

不安だなぁ、
っていうこと、

思い当たりますか?


そんなあなたへ、

この処方。

師匠のお話、
お楽しみください


「昔、こうだった」。

という風に、

悔しかった、
過去悔しかった、

と思うことが、

どうして悔しかったのですか?

計算したから
悔しかったんですよ。

計算し始めたら、
果てがないです。

終わりがないです。

他の人と比べてみたら、

悔しい事、
悔しい気持ちも、

起こってきます。

ですから、

そういったものを、
全部。

払ってしまってください。

払い落としてください。

それは
非常識的な
生活じゃないですか



未来に対する、
その不安。

そういったものにも、
主権を奪われないでください。



それで、今。


この瞬間に、

すべてのことを、

私自身が、

選ぶことができる
」。



選択することが
できるんだ、

という風に、

主権を、
自分のもとに、

戻してください。


そうすれば、
私はこの瞬間に、

お釈迦様が現れてこなくても、

私がそういう風に心を持てば、

世の中をそういう風に
動かしていくことができるのだ、

ということが、
わかりますよ。

神に
依存する必要が、
無いです。

お釈迦様に
依存する必要が、
無いし、

偉大な存在に
依存する必要が、
無いですよ。

今この瞬間に、

私自身が
偉大な師匠に、
なるからですよ


私の精神が、
偉大な師匠に、
なるからです



計算もいいし、
不安もいい。

でも、それらに、
主権は明け渡さない!!!

主権は、
〈私〉にあり。



今日も、
楽しく読んでくださって、
ありがとう
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
マスターゲート

101キャンドルライト

↑↑↑↑↑
一昨日、
ボタン、
押してくれなかったでしょう~~~

なんて、悔しがりはしません

今日も、
応援、
ありがとうございます!!!
[2013/07/30 20:44] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
「悟るのは難しいです」★その正体は!
こんにちは^^
山ウサギです。

何かを、
やってみようとするとき。

「それは無理」
とか、

「それは難しい」
とか。

ついつい考えをつくったり、
そういう発言をしてしまうこと、
ありませんか?

「それはうまくいかないよ」。

そんな風に言われたり、
そんな風な考えを採用することも、
結構あります。

そんな私には、
今日のお話、

しみます~


難しいというのは
何でしょう、

皆さん。

難しいというのは、

「やりたくない」

ということです。


「やりたくない」
ということ。

だから、
これからは私に、

「難しい」

と、言わないでください。

「やりたくないです」

と正直に、
言ってください。

「難しい」
と言う言葉の後に、

どうしてそんな思いを、
隠しますか。

「難しい」
なんていうことは、

無い。


「師匠。自覚するのは難しいです」
   =
「自覚するのが嫌です」。

「悟るのは難しいです」
   =
「悟りたくないです」。



皆さん本当に巧妙に、
うまい言葉で、
その後ろに、
本性を隠している。

言葉の後ろに隠すことについては、
皆さん飛び抜けていますよ


昨日のエゴの話ではありませんが、
私って、天才なんです

続きます。


「師匠。うまくいかないです」。

ではなくて、

「するのが嫌です」。


「どういう風にしたらいいですか?」

。。。もう、
したくなるまで、

待つしかないじゃないですか。

もう、
したくないんだったら、

したくなるまで、
待つしかない。


そのように、
いつも、

何を考えるにしろ、
何を言うにしろ、
何かを判断するにしろ、

私がなぜ、
こういう判断をして、

このように怒り、

このようなことから
ストレスを受けているのか



そのことについて、
皆さん。

考えてみてください。

無意識的に
何かが起こって、
わーっというのではなくて


こんな風にお話されてしまうと、
難しい、って言葉、
もう、ちょっと使うのが、
難しくなってきました???

  =

もう難しいって言葉、
使いたくないんです!

今日も、
応援ありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村↑↑↑↑↑
皆さまのおかげで、
今日はランキングが15位だったそうです

多くの方が、
マスターゲート&101キャンドルライトについて、
知るきっかけになり
そして、ウサギがごほうびに、
おいしいスイカとマンゴーを買ってもらえます。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
昨日も、今日も、明日も、
日々の応援、ありがとうございます
これからも、ますます、
よろしくお願いいたします
[2013/07/29 16:47] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(2)
皆さんのエゴは★天才です★エゴに勝つ方法
こんにちは^^
山ウサギです。

エゴ。

その正体って、
いったい何なんでしょう?

そこからどう逃れるか。

どう消滅させるか。

それにどう打ち勝つか。

そういう話題も
心の勉強の世界では、

多くとりあげられるようです。

今日は、
その話題を、

師匠の講話から。

お楽しみください^^


皆さんのエゴというのは、
天才ですよ。

皆さん。

絶対に皆さんは、

「頭が悪い」
と言わないでください。

皆さんは、
天才ですよ。

エゴに勝てる人は
いませんよ。

「エゴと戦おう」
と思ってはいけません。

エゴに勝つ方法は、

エゴをそのまま、
受け止めるということ。

受け入れる、
というのが、

エゴに勝つ方法です。

エゴは言いますよ。


「これはだめだよ」

「理解しようとしちゃいけない」

「あの人のために、
非難するんだ、批判するんだ」

という風に。

数限りない論理を作り出す。

ただそれを、

受け入れる

ということを通してこそ、

エゴに勝つことができる。

エゴが動き出したら、
もうゲームはアウトです。


だから皆さん。

動き出さないでください。
始動させないでください。

始動し始めたら、
エゴが動き出しますよ。

その天才的なエゴが。

それがエゴの正体だよ


いかがでしたでょう、
師匠のお話!


。。。いやぁ、
いろいろな考え、
疑問が湧いてきて。。。

ですって?

きましたね。

その、
天才的な、
エゴ!!!

うふふ
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
それを、受け入れるんだ

マスターゲート&
101キャンドルライト。
共感してくださる方の応援、
ありがとうございます

[2013/07/28 12:27] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
「1cmの規定」★PART4★
こんにちは!
山ウサギです。

数回に分けてお送りしています、

「1cmの規定」

今日が最終パートです。

最後まで、

お楽しみいただければ幸いです♪

では、どうぞ!



これは、
たとえ話ではないです。

これは、
今の釣りのたとえ話だけではなくて、

全てに、
全般的なことに対して、

皆さんは、
その1センチの規定を持っている、

ということなんですよ。

それは、
規定にしか過ぎません。

私を、
まず考えてください。

1センチの規定よりも、
まず私を優先させて。。。


では、
皆さんも、

もう良心の呵責なく、

(22cmの魚を)食べることができるでしょう?


師匠の問いかけに、

「。。。」。

誰も答えません。



「できる」
と、

堂々と、
答えが出てこないじゃないですか!


堂々と言うのは
恥ずかしいからだ、

という意見が出ます。


でも
「堂々と言うことができない」
という、

それも、
規定なんです。

ですから、
それも、
1センチの規定なんですよ。

これは釣りの話だけではなくて、

特に、
日本の人には、

その1センチの規定が、

多いということです。

時には皆さんも、

自分勝手になり、
そして無礼になってもいいんですよ。

でも、
皆さんにそうしろと言ったなら、

罪意識を感じるでしょう。

何か、
「私が守ることができなかった」
という思い。

皆さん。

次に私が日本に行くようになったら、
皆さんと釣りぼりに行きましょう!


何かの考えの枠にとらわれている、
とふと気がついたとき、

あ、「1cmの規定」だ。

そんな風に
気がつけるようになれば。

その枠から、
自分の意思で、
飛び出る選択も、
することができ、

もっと自由で、
もっと軽やかで、
もっと楽に、

存在できるような気がします。

本シリーズ、
長めでしたがお付き合いいただき、
ありがとうございます!

これからは、ウサギも
「1cmの規定」にとらわれず、

ブログも気の向いたときに、
更新する方式に、
変えましょうか?


日々、
応援ありがとうございます
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
最近応援ボタンのコメントが面白くない、
と思われた、そこの、あなた!!!
ココのコメントは面白いものだ、
という考えをつくったのは、
誰だぁ~
101キャンドルライト
[2013/07/27 17:55] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(4)
「1cmの規定」★PART3★
山ウサギです!
こんにちは!

連続でお届けしている
「1cmの規定」。

昨日は、
規定より1cm小さい魚を、

皆さんだったら

食べますか?

食べませんか?

という問いかけを
させていただきました。


実際師匠がお話されたとき、

そこにいた日本人は、
ほぼ全員、

食べるに手を挙げました。

すかさず師匠は
こうおっしゃいます。

皆さんは、
私に会わなかったならば、
ほとんどの人は、

その魚を食べないでしょう。

今は、
私の雰囲気に感染されて
手を挙げましたけれども、

皆さんは、
元々は、

魚をはなしてあげる、

という方にいきますよ。

なぜなら、
その魚を食べた時、

私は、
全く良心の呵責を感じませんけれど、

皆さんは、
良心の呵責を感じるんです。

それが問題なんですよ。

良心の呵責を感じながら食べるというのは、

何の甲斐も、
ないですよ。

私のように、
「どうなってもいい」
と思って、
食べないといけません。


一体全体、
その1cmが、
何だというんですか?



その1センチは、
皆さんの大事な体より、
大事なものですか?

それは1 cmという、
規定にしか過ぎませんよ



「1cmの規定」

それに、
どれほどの意味が、
あるのでしょう。

どれほどの意味を、
もたせてきたのでしょう。

明日に続きます。

おっと、今日も、
その前に。。。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
マスターゲート氏
101キャンドルライト
応援、
いつもありがとうございます!!!
[2013/07/26 15:06] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
「1cmの規定」★PART2★
山ウサギです!
こんにちは^^

昨日から、
「1cmの規定」
のお話をご紹介しています。

こうするべき。
こうあるべき。

そんな考えを、
知らず知らずのうちに、
つくりやすい日本人。

今日は、
師匠が実際に
経験されたお話。

いよいよ本題へ。

お楽しみください。

以前、
ニュージーランドに住んでいた頃、

日本の友達と、
釣りに行ったんです。

ニュージーランドには、
規定があるんですよ。

23センチ以上の魚だけを
捕まえることができる、
という規定です。

23センチの規定なのに、
22センチの魚を
捕まえました。

でも、
それは本当に、
わずかな違いでしたよ。

私は、
それを刺身にして食べよう、
と言いました。

誰も見ていないんだから。

でも日本人の友達は、
魚をメジャーで測って、
ダメだというんです。

お腹が空いて、
死にそうなのに。


これは実際にあった話です。


皆さん。
一度手を挙げてみて下さい。

この魚を食べるぞという人。
食べれるぞという人。

では、食べないという人。
正直に食べないという人


その状況に、
自分がいると思って、

自分に問いかけてみると。。。

皆さんだったら、
どうなさるでしょう。

明日に続きます。
その前に。。。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
マスターゲート
101キャンドルライト
応援、
いつもありがとうございます!!!
[2013/07/25 15:30] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
「1cmの規定」★PART1★
山ウサギです!
こんにちは!

今日から、
数回にわたって、

「1cmの規定」

のお話をご紹介します。


タイツアー中、

日本人向けに、
師匠がお話くださったものです。

「これはダメ!」

そんな考えを、
知らず知らずのうちに
つくっている。

そんな時に、
思い出したいお話です。

まずは、
本日PART1。

連続シリーズ、
お楽しみください☆


私のある一面だけに
どうして、
そんなに、
固執するんですか。

ですから、
皆さんはもう少し、

自由になる必要があります。

~私の規定から、
私の固執から、
私の公式から~

もう少し、
自由になる必要が
あります。

それは、
私のつくった規定に過ぎず、
法則に過ぎないんですよ。

それを自覚なさるのが、
本当に大事です。


皆さん。

この心の勉強は、
実は、
日本の皆さんがするには、
とっても難しいですよ。

なぜなら、
日本の人たちは、

本当に悟りにくい環境に、
育ってきたからですよ。

徹頭徹尾の規定の中に
住んでいます。

ダメなものは
死んでもダメなんだ。

できるということは
死んでもできる。

そういった規定が、
あまりにも強いですよ


心当たりが、
あるでしょうか?

ダメなものは、
ダメ。

いいものは、
いい。

あまりに当たり前で、
気がつかないけれど、

つくっている規定。

「ブログは毎日更新」

ウサギにも、
そんな規定がつくられていました。。。


自由にばんざい~
↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
; ↑↑↑↑↑
マスターゲート氏
101キャンドルライト
そしてこのブログ。
応援、
いつもありがとうございます!!!
[2013/07/24 09:52] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
精神的な癌★★二つ目は、コレ
山ウサギです!
こんにちは。

以前、タイツアー中の記事で、
愛は、癌です。
★精神的な癌一つ目を
おおくりしました。

あの話には、
実は続きがあります。

昨日のお話、
☆何もなくても満足★何があっても不満
とも関連するので、

今日は、
そのお話を、

ご紹介させていただきます。

癌の、二つ目。

それは、
コレです。


皆さん。

比較というのも、
精神的な癌ですよ


さっき言ったでしょう。


愛は精神的な癌だと言いました。


最初の「愛」と言う
精神的な癌を排除し、

比較という精神的な癌も
排除してください。

この2つの癌を排除しただけで、
もう皆さん、

人生ですることはありませんよ。

本当にとるにたらない自尊心が、
なくなります。

いつも、そういった癌を通して、
私に起こってきたストレスがなくなるので、

私の意識が、
私の精神が、

完全に違うように、
動くよう、
働くように、

なりますよ

私の精神が
そのように働くようになれば、

私の周りの世の中が、

まったく違うように
みえるようになります。


よく考えてみてください。

今この瞬間に、
全てのことが


あなたに、
選択権が、
あるでしょう。

あなたに
主権がある、
ということです


それを、明確に、
認識してみてください。

ああ、
私の心持ち次第なんだなぁ。


そういう風に、
皆さん。

本当に強く、
自分を変えてみてください


精神的な癌の二つ目。

本当に、
コレがなければ、

どれほど、
すべてが違って見えるでしょう。

主権は私にある。

すべてを変える選択権は、

私にあります。

ただ、選ぶだけ。


マスターゲート氏、
そして101キャンドルライトの応援、
いつもありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
明日は大阪です。
キャンドルライトの仲間たちに、
会いに行ってきます
[2013/07/23 20:36] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(0)
☆何もなくても満足★何があっても不満
こんにちは^^
山ウサギです。

あの人より、
持ってない。

あの人より、
できない。

あの人より、
ましだ。

あの人より、

あの人より、
あの人より。。。

比較には、
果てがありません。

今日は、
師匠のこのお話。

皆さん。
みてください。

皆さんは今、
個人個人、皆違いますよ。

違う状況にいるし、
違う姿形をしていますよ。

ある人は、
ここでより多くのものを持っているし、

ある人は、
とても不足な状況にいますよ。

ある人は、
ここで本当に誇りを持っているし、

ある人は、
自分のある部分を、
とても恥ずかしいと思っていますよ。


それは皆、
比較からくるものでしょう。


それがどういうものであるにしろ、

今この瞬間、

皆さんの心持ち次第によって、

今、私が持っていないものに対して
大きなストレスをうけない人もいるし、

私がたくさんのもの持っているにも関わらず、

今も、ストレスをうけている人もいますよ。


ですから、
大事なのは

多くのものを持っている、
持っていない

にあるのではなくて、

私が、
それをどういうふうに考えるのか。

私が、
その問題をどういうふうに
対処していくのか。

すなわち、
それに対する決定権は、
私にある
ということです。

ですから、
そういったことに対する主権は

皆さんにあるのであって、

今の私が、
他の人よりもちょっと出来なかったり、

他の人よりもとても不足だったり。

そうだとしても、

私がそれ自体を、
そのまま感謝して受け入れて、

それを私が受け入れ、
包み込むことができるなら

その人に繰り広げられている現象は、
何の意味も持たなくなりますよ。

その人が、
たとえ何も持っていなかったとしても

持っているのに、
不足感を感じたり、

持っていないのに、
満足をしたり。

すべて、自分次第でございます。

感謝し、
受け入れ、
包み込む。

それも、私が、
決められる!!!


今日もお読みくださって、
ありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
なくても、満足~
でも、やっぱり皆さんの応援は、
たいそう嬉しいものです~
今日も、応援、ありがとう
[2013/07/22 21:07] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
許せん!そのときは(2)~子どもと大人~
こんにちは。
山ウサギです!

昨日は、
「許せん!そのときは。」

というタイトルで、
おおくりしました。

今日は、
昨日とは
少し別の角度から、

「許せん!そのときは。。。」

お楽しみください!


子どもと大人は、
喧嘩の相手にはならないでしょう。

大人たちは、
子どもの水準を理解しますよ。

子どもが悪口を言ったからといって、
本気になって怒る大人というのはいません。

なぜなら、大人は
「ああまだ子どもなんだから
という風に、

理解するからですよ。

私自身の感情や考えを見る時、

その瞬間は、
大人になっているということなんです

それで、
自分自身を見ることのできないでいる人から、
ストレスをうけることがありません。

私が怒るというのは、
私が自尊心が傷つけられたと思って、

怒るのです


自分自身を見ることのできない子どもから、
どうして自尊心を傷つけられることが、
あるでしょう。

そういう風に、
自分をじっと自分見続けていたら、

自然と、
相手が、
見えてきますよ。

「ああ。
この人は、
まだ自分自身を見れずにいるんだなぁ。

自分を見ている私が
あの人を、
理解してあげよう」。


そういう風に
理解することができれば、

相手が私に,
どれほど気分の悪いこと言ったとしても

それはまるで、
子どもが、
私に対して悪口を言っているように、

一時的には、
気分が悪くはなるかもしれませんが、

それがストレスまではいきませんよ


本来の私の位置を守ること。

大人の私としてあること。

そのために、

自分を見続けていくということ。

「許せん!」
は、それを気づかせてくれる、
貴重な機会。


いつも
遊びに来てくださって、
ありがとうございます
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
歩けば
にあたる。
意味不明でした
応援、ありがとうございます
[2013/07/21 22:07] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
許せん!そのときは(1)~本来の私の位置~
こんにちは^^
山ウサギです。

嫌いなこと、
許せないこと、
承諾できないこと。

そういうことって、
生きていると、

ありますよね。

でも。。。

だって。。。


そんなときは、

こんな師匠のお話を!

いつも皆さんは、
1つの考えに執着するのではなくて、

いろいろな考えが、
民主的に合意することができるように、

いつもそれを見守っている場にいる私として、

残っていなければなりません。

「私は絶対にコレだけは許すことができない」
という思いに、

陥らないでください。


皆さんは生きていながら、


本当に私が嫌いなものもあるし、

私が絶対に許すことができないものもあるし、

到底私が承諾できないものもありますよ



もちろんそういう事はあるでしょう。


でも、その反対の考えも、

私は持つことができますよ。


私を認めることもできるし、

受け入れることもできるし、

理解することができるんです



そういう風にして、

いつも
本来の私の位置を

守って下さい。

私たちは、
1つの考えの奴隷ではなくて、

数千数万の考えの、
主人です


ですから、
1つの考えに陥って、
苦しまないでください。

それは、
私の一部分にしか過ぎない考えです。

それは、
私の数千分の1にしか過ぎない部分です。

どうして数千分の1の人生を送るんですか

まさに
全体的な位置にいる私を、
守っていかないといけません


私の一部分にしか過ぎない考えに、
とらわれて、

苦しむ必要もなければ、

悲しむ必要もない。

そうやって遊ぶことからの卒業も、
選択できる、
私です

腰をすえて、
参りませう。

ありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
応援してくださっている皆さま、
そして夫に、
いつもありがとうございます

夫のいない間に、
メロンを一人、大人食い~
いいよいいよ~と許してくれた夫。
心のお勉強が、進んでいるようです
[2013/07/20 15:57] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
たった一つの助言
こんにちは!
山ウサギです。

何にせよ、
’自分より優れている人’

に、助言をもらったり、

話を聞いたりすることは、

自分の成長にプラス。

いいことだ。

そんな風に考えをつくること、
ありませんか。

今日のお話は、
そんな時に、

短く一発

誰かに、

「もっと私より
勉強が出来ていますから

話をしてください」

「話を聞きたいです」

という人がいますが、

これも、
実は愚かなことなんだ。


私が私自身を、
みていけばいいだけだ。

「あなたはあなたのことを、
みていけばいい。

私は、
私のことを、

みていきますから」

というふにしたら、

いいだけのことなんだ。


師匠の講話が別なところにあるだろうか。

良い話が別なところにあるだろうか。

これは私の問題なんだから。


いつもそうだろう。


悟りというのは個人的な出来事なんだから、

他の人と比較する必要はないんだよ


助言をするとするならば、

正しく自分をみなさい

という助言しかないよ。

もう、しょっちゅうしょっちゅう、

他のところ見ようとするからね


自分をみればいいだけ。

それを何度でも聞きたくて、

私は、
何度も何度も、

師匠のお話を聞いているわけで。。。。

いい加減にわかりなさい!
と師匠のあきれる顔がチラチラ。。。笑

本日も、お読みくださり、
ありがとうございます!!!
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
何度も何度も、
師匠のお話をお読みになりたい皆さん~
応援してくださっている皆さん~
いつも、ありがとうございます
[2013/07/19 20:50] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
宇宙の法則を、悟らないといけません
こんにちは!
山ウサギです。

引き寄せの法則とか、
ポジティブシンキングとか、

いろいろと、
有名な?法則があるようです。

このような法則が
お好きな方へ。

今日は、
こんな師匠のお話。

お楽しみください。


皆さん。

宇宙の厳密な法則を、
悟らないといけません。

〔私の考えは
一種の磁場を持ち、

私の考えを持つと、
それは一種の化学作用を起こすので、

一種の磁場を形成し、

考えの磁石を持つようになり、

その磁力をもって、
似た考えだけを
吸い取ってくる〕

ということ。

だから考えるとき、

皆さん。

上手にしないといけないですよ。



皆さん。

感情というのは何か。

考えの磁力が、ずっと同じ、
似た考えを吸い取ってくるから、

それが具体的に固まって、

感情になるんですよ。

ずっとずっと、
限りなく、
吸い取ってくるんです。


宇宙というのは、

ただのエネルギーの場ですよ。

私が願っているものを、
吸い取ってくるんです。


ですから皆さん。

皆さんの考えの内容によって、

皆さんの独特のエネルギーを、
形成させるんですよ。


ですから、いつも

「みすぼらしい」
「取るに足りない存在だ」

と思っている人は、

ずっと続けて
〈惨めなエネルギー〉だけを、

吸い取ってくるんですよ。

そのエネルギーの場にとどまってしまって、
皆さんそこから抜け出すことができないんです。

だから

「私はできるんだ」
「なることができるんだ」

という考えをもてば、

そういった
〈できるというエネルギー〉

がずっとずっと、

吸い取られていきます。


もしも

「私ができない」
という考えをもったら、

その「できない」というエネルギーの場から、

抜け出ることが、
できなくなります。

法則は、
そうなっていますよ



法則がそうなっているなら、

さて。

今、ウサギはどんな考えを選択しましょう。


お読みくださって、
ありがとうございます
 ↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
「コレクリックして、ウサギに愛を!」
そんな考えをつくって下さった皆さん
いつも、応援ありがとうございます

ウサギからも、
愛のお返しです
[2013/07/18 14:34] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
神さえも、うらやましくない境地。
こんにちは^^
山ウサギです。

これまで80数回にわたって、
師匠のお話を紹介してきましたが、

では、マスターゲートという人は、
一体どんな境地にいるんだろう。

そのような考えを創られた方へ。

師匠からの回答です。


「師匠、師匠はどんな境地を得られたんですか?」
私は今も、誰かが聞いたら自信を持って答えます。

私は宇宙と一体となった、
何か全て分かった、

何かそういったものではなくて、

私は神さえもうらやましくない。

私は本当に、神もうらやましくないんです、
皆さん。

神様といったら、どれほどの絶対者でしょう。

全宇宙を創造した方なのに
私たちが分かっている神様とは
そういう存在なのに、

そうだとしても、
私は神に対する劣等感がありません。

うらやましくないってわけですよ。


皆さん。

考えてみて下さい。

「どうしてあの人は、
あんなことを言うことができるんだろう」。

「あの人をあんな風に考えるようにさせた、
その何かは、何だろう」。


そうだからといって、
私は何か優れているわけではなくて、

そういったものとは全く違う意味で
言ってるんです。

神様に対しても、
劣等感を持たずにいられるということ。


神様が創造主というならば、
私たちは被造物なのに、

どうして被造物が、

創造主に対して、

劣等感を持たずにいられようか



ですから皆さん。

私が神もうらやましくない私なのに、

どうしてほかの何ものかを、

うらやましく思うでしょうか。

では、

「あぁ、あの人は私と同じ人間なのに、
あの人はどうしてあんな考えを、

もつことができるんだろう」


そんな疑問がわくでしょうか?

師匠のお話、

続けます。


これは難しいことではない。

考えの転換ですよ。

難しいことではない。

ですから、私はこんな言葉を言いながら、
こんな考えをしながら、

本当に私の心をふりかえってみても、

わずかほこりくらいのうらやましさも、

ないんです


考えの転換。

その考えの転換を起こすことができるのは、

まぎれもない、

<私>です。


ご愛読くださっている皆さん、
ありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
考えの転換を起こせる私に
乾杯!!!
応援、ありがとうございます!
[2013/07/17 13:36] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
何百回も、聞いてるけれど。
山ウサギです
こんにちは!

以前、
何千万回でも、聞きたい話
というタイトルでおおくりしたことがありますが、

今日は、
何百回も、聞いてる話、

聞いてるけれど、

私たちに必要だから、

師匠が、口をすっぱくして、

何度も繰り返して下さる。

そんなお話です。

タイツアーの講話から。


もう何百回もしてきた話ですけれども、

私たちがしているこの話は、

これは本当に超現実的な話ですよ。

心の勉強というのは、

何か求道をするとか、
そういう遠くにあるものではなく、

私について、
私の現実について

直視してみること。


「私が、私の中になぜそういうことを
起こせないんだろうか。

それは、私から、
目をそむけているからだ。

私が私から、
目をそらしているからだ。

分からずにできないんではなくて、

私が目をそらしているだけだ」。


ですから

いつもささいなことから、

取るに足らないと思うことから

皆さん。


自覚を始めなきゃいけませんよ。


「一体これは何だろう。

私が重要だと思っているこれは、

一体何だろう。

なぜ私は、
このことを、これほどまでに、

重要視しているんだろうか。


これは一体何だろう」。

そういう風に、

自分自らを
観察してみてください


基本に戻って、
初心に戻って。

何百回も確認です。
。。。お付き合いくださっている皆さん、
本当にありがとうございます
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
何百回も、押してるけれど?
。。。何百回も、ありがとう
皆さんの応援に、感謝です
[2013/07/16 15:05] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
規定の中にいるのが、苦しいですか?
こんにちは!
山ウサギです。

日本にもどってみると、

タイにいる間は手放していた、
日本での、
日本人としての私のあり方。

こうあるべき、
こうするべき、
と信じ込んで、

そう行動している自分が、

ふと意識されることがあります。

そんなことから選ばせていただきました。

今日も師匠のお話、
お楽しみください!


皆さん。

この心の勉強は、

実は日本の皆さんがするには、
とても難しいんですよ。

ですから今、
このように多くの弟子たちができ、

また、悟りを得た弟子たちが日本に
このようにたくさんできてきたというのは、

奇跡に近いことです。

なぜなら、
日本の人たちは本当に、
悟りにくい環境に育ってきたからですよ。

徹頭徹尾、
規定の中に住んでいます。

だめなものは
死んでもだめなんだ、

できることは、
死んでもできる。

そういった規定が、
あまりにも強いですよ


なぜ私のある一面だけに、
そんなに固執するんですか?

皆さんはもう少し、
自由になる必要があります。

私の規定から、
私の固執から、
私の公式から、

もう少し自由になる必要があります。

それは私が創った規定に過ぎず、
法則に過ぎないんです。


それを自覚なさるのが、
本当に大事です


この勉強を始める前は、
規定をつくっていることにすら
気がつかずに、

そこに自分を押し込めて、
それを自分で握って、

苦しい苦しいともがいていました。

ひとつ、またひとつと、
その規定に気がつき、
手放していく自由。。。


「規定の中にいてはいけない」
という規定をつくらずに、
その中にいることを選ぶ自由もあります。

どんな選択でもできる、
自由な

自覚が大事!


いつも、お読みくださりありがとうございます
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
一日に1、2回しかクリックしてはいけない、
という規定からも、
自由になってくださぁい♪♪♪笑
応援、ありがとうございます
[2013/07/15 17:43] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
あやふやさと鏡の中の私
山ウサギです!
こんにちは!

いつまでもひっぱっている
タイツアー特集。

今日でひとまず終わり、
またあらためて
この間の講話をご紹介できればと思います。


勉強をしていく中で、
あやふやさを感じることがあったときに、
ヒントになりそうなお話を!


あまりにも自分を分かっていく勉強をしなかったから、

あやふやになっているんだよ。

どうしていいか分からずにいる。

でもずーっと続けて私を分かろうと努力していくんだよ。

そうしたらできるよ。


今は皆さんは外側に目を向ける必要はないよ。

ただ私の内面、

私だけに耳をかたむけなさい。

私だけをみるんだよ。

私だけを教材として。


そうやってずっと続けて自分を分かろうとしていくんだ。


何か相手が必要なら鏡をみたらいい。

そしてお互いに鏡の中の私と、

論理的に話したらいいよ。


こうするしかないだろう、
こうするしかないでしょう、

と鏡の中の私にいったらいい。

そうしたら、

うーん、
どういう風にしたらいい、
こういう風にしたらどうか、

と答えるかもしれないよ。

そうしたら無限に無限に

自分の中から悟りが出てくるよ。

私に対する悟りが


これからも、
楽しく、
勉強を続けて生きましょう^^
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
ありがとうございます!
[2013/07/14 11:55] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(0)
コレが最優先!
山ウサギです。
こんにちは^^

昨日、マスターゲート氏による、
タイツアー全日程が、
終了しました。

仕事、家族、
あるいは経済的な面で、

参加が難しいと言いながら、

最終的にはいらっしゃった方も

多数おられました。

(ウサギを含め笑)

こんなお話を師匠がされていましたので、

ご紹介します。


皆さんが本当に難しい状況にいたときに。。。
皆さんが崖から落ちていたときに、

綱が下りてきましたよ。

「この綱は私が嫌っている人たちが下ろした綱だ」といって、
皆さんはその綱にしがみつきませんか?

私が本当に落ちていくのに、

その綱が誰が下ろしているかが、
関係があるでしょうか?

とにかく私がまず、
生きないといけないじゃないですか。


そういったように、
この心の勉強というのは、

私が目覚めていく、
悟っていく、
ということが、

まず優先されなければなりません。

本当に私の精神が目覚めていくためには、
お金とか他のことが、

問題になるわけがないんだということ。

私の生活の方式も、
一度変えてみることができる。
本当に一度、
悟りというものを得てみようじゃないか。

そういった精神が必要なんですよ。

ですから結局は、
皆さんの心持次第にかかっているんです。

だから、

会社のため、

経済的な理由のため。

また、私がそういう風にすることは、
生活のパターンではないからできない。

そういった言い訳めいた言い訳で
悟りを放棄するということは、

あり得ないことなんです。


皆さん。

精神が目覚めていくということほど、

価値のある大事なことが、ありますか?



私の精神が悟って変わる瞬間、

私は他の人に変わるんですよ。



私は絶対にそんな風に変わる人ではない、

というならば、

私はそんな風に変わる人にも、
なることができます。


私は私が選んだいろいろな人に、

いくらでもなることが、

できるんですよ


タイからの中継?を楽しみにしてくださっていた皆さん、
そして、今、それらを読んでくださっている皆さん、
本当に、ありがとうございます。

これからのウサギ、
どう変わっていくでしょう。

ますます自由になれることが、
楽しみです!


お読みくださり、
ありがとうございます!
明日は移動日につき、
ブログお休みさせていただく予定です。
よろしくお願いいたします☆
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
が、以前の記事への
応援クリック、大歓迎です~♪♪♪笑
日々の応援、ありがとうございます
[2013/07/13 19:22] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(3)
どうすれば「私たちの本質」を悟れるか
こんにちは!
タイツアーの最終日。

最終の講演が、
先ほど終わりました。

以前、
私たちの本質に近づく、とは。
というタイトルで、
おおくりしたことがありますが、

ではそれにはどうすれば?
もう少し具体的には?

と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

今日のタイツアー全体講話から。

お楽しみ下さい!!


私たちが志向しているのは、

結局は自由です。

私たちの本質は自由なんだから。


でも自由というのは何かから、
抜け出るということではない。

拘束から抜け出ることではないんだ。

何か障害があって、

そういうものから抜け出るものではないんです。

受け入れるということ、
包み込むということ、
理解するということ。

そこから本当の自由がくるんです。

受け入れるということ、
包み込むということ、
抱きしめるということ。

そこから私の自由が来るんです。

反対に
障害から抜け出る、
逃げ出すということが
自由なのではない。

本当の自由は、

私たちが全ての状況に
全てを受け入れるということ。

包み込むこと。

理解し、抱きしめるというときに、

その人こそが自由になるんです。



皆さん、その理解をもってみたら、

理解とはすなわち自由なんだ。


皆さん。

すべてのことについて、
理解をしてごらん。

当然、自由にならざるを得ないんだ。

理解しているときに、
どこに拘束がある?

皆さんが受け入れるといっているのに、

受け入れたその人を、
誰が妨害することができるだろうか。

皆さん。

自由になろうとするなら、
受け入れないといけない。

受け入れようと思ってできるんではなくて、

今のこの状態、
今ある皆さんの状態そのままに、

受け入れてごらん。


そうすれば、
「大自由」がくるよ



一週間にわたるタイツアー。

お読みくださり、
学びを共有してくださっている皆さま、
ありがとうございます!

これからもずっとずっと、
自覚を続けていこうと、
あらためて思うウサギです。
(__)(__)(__)
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
これからもずっとずっと、
応援してくださいね、と
あらためて思うウサギです。
[2013/07/12 14:23] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(2)
劣等感から抜け出る
山ウサギです!
タイ、何日目だったかな。

もうよく分からなくなってきました。

今日は師匠は、劣等感について、
お話くださいました。

劣等感を握っていたら、
もっと他のものをつかもうと思っても、

もう手がいっぱいだから、

つかめないでしょう。

だから、その劣等感を、
脱いでください、と。

でも、どうしたら?

師匠のお話を、
どうぞ!


「劣等感がまだ解消されていないなぁ」

と思うなら。


皆さん具体的に、

劣等感とは何なのか。

一度考えてみてください。


自分が考えている劣等感の定義を、

おろしてみるんですよ。

その次に、

その劣等感を、

どんな劣等感を持っていたのか、

書き出してみるんですよ。


でも皆さん。

劣等感に対する定義をおろし始めてみたら、

私が今まで劣等感と思っていたものが、
幻だったんだ、

と分かりますよ。

ですから皆さんは、
はじめに、

私は劣等感を何だと思ってきたのか。

どんなものだと思ってきたのか。

詳しく分かってみないといけません。


私がどれほどおろかな価値基準のために、

下等な価値基準のために、

劣等感を持ち続けてきたのか。

一度考えてみたらいい



劣等感を屈服しない限り、

何をしても疑いがわき、

それがまた次の疑いを呼びこむ。。。

この循環をたちきることは、

私自身にしかできません。

今日のお話も、

本当に愛いっぱいの講話でした!


日本で読んでくださっている皆さん、
ありがとうございます!!

タイに来てまでも、読んでくださっている皆さん、
ありがとうございます!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
タイは、6日目でした笑
応援、本当にありがとうございます!!!
[2013/07/11 16:11] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(0)
本当に、自分だけに向かえばいいんだ!!!
こんにちは!

タイ5日目の、
サントッキです。

今日の夕方、

韓国からのツアー参加者が、

50名ほど帰国されました。

最後の講義になる方もいらっしゃったからか、

午前中に行われた講義は、

いつも以上に、

師匠の熱い思いを感じました。


少しでも、
その思いが伝わりますように。


皆さん。

本当に自分だけに向かえばいいんだ!!!

自分のために、
自分によって、
自分のための勉強をしているんだよ。

誰を、どうやって、みるというんだ。


皆さんは今までわかろうとしていなかったんだよ。

皆さんが出来なくてしなかったんじゃない。

しなかったから皆さんはわかっていないんだ。

自分について!


これは何か知識がいっぱいないといけないか?

学歴がいっぱいないといけない話だろうか?

これは運命的に、
心の勉強をいっぱいしないといけない人が、
することだろうか?


どうしてこの内容を、
私がここで、興奮しながら、
皆さんに言わないといけないんだろう。

私が興奮する前に、
皆さんが興奮しないといけない内容なのに。

なぜ私だけが興奮してるんだろう。

本当に私はそのことを考えるともどかしくって、
息が出来ないくらいなんだ。


生きていくために何が重要だというんだ。

そういう風にわかろう、わかろうとしてみたら、

私ということについて完璧にわかるんだよ。

ほかのものには関心もない。

ほかのことに目がいかないんだよ。

ご飯にも目がいかない。

私についてだけ関心を持ち、
私についてわかれば、

それで終わりだよ。


心の勉強が大変なんじゃない。

私について関心をもてば、
わかっていくよ。

少しだけ関心をもてば、
少しだけわかる。

ものすごく関心をもてば、
ものすごくわかるようになる。

それをわかるために、
私の全身全霊を尽くせば、

全部わかるようになるよ。


何を?

わたしについて。


本当に私は、

物質的な私も私だし、

非物質的な私も私だ。

非物質的な私を超えて、

非物質的な私を存在させている私も、

私なんだ。


そのように、
もうすでに答えはでてるでしょう。

もうすでに答えはでてるんだよ、
皆さん。


それをもう一度復習するとき、

皆さんが、

本当に深く洞察してみてごらん。

それだけすればいいんだよ


私自身について全てを分かること。

自分に到達すること。

自分だけに、向かうこと。

(__)(__)(__)

皆さん、ありがとうございます!!!
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
今から夜の講義に出席です
応援、いつもありがとうございます~
[2013/07/10 22:11] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(1)
天国とは、なんですか?
みなさん、
こんにちは!

タイ4日目の、
山ウサギです。

今日は、師匠のお話が、
いつもとは違う雰囲気でした。

この質問。

よろしければ、
すこし考えてみられてください。


「皆さんにとって、
天国とはなんですか?」


では、
師匠の講話から。



私の頭の中に、心の中に、
〈なぜ〉という言葉が出てきたなら、

「これはなぜだろう」

というふうな思いが出てくるとしたら、

それは私がまだ、

わからないでいるからですよ。

無知だからですよ。

無知であれば皆さんはそれをもっと、

分かろうとするでしょう。

目覚めさせようとするじゃないですか。

私が何か分かろうとすること、
疑問、
疑い、
分からないでいること。

そういったものから
完全に解放されて、

全てのことが分かるようになり、

全てのことを理解し、

全てのことが認識できるようになること。


それを私たちは、

天国と定義しようじゃありませんか。


全てのことをわかり、
理解し、
認識するようになれば、

皆さん自らが考えるとき、

どんな感覚がくるでしょうか。


ああ、私はすべてのことがわかった。

全てのことが理解できた。

全てのことを私は認識できる。

少しも、

わずかさえの疑問もなく、

疑いもなく、

全てのことを理解できた。

全てのことが分かった。


そういう状態がありますよ。

それを天国だというふうにしましょう




私たち弟子が天国と考えるそれと、

そして師匠のご存知のそれの、

ギャップがあまりにも大きすぎて、

コトバで説明ができない。

そのことを、

私たちに伝えたいのに、

それが出来ないギャップに、

師匠はもどかしさを、
感じられていたようです。


詳しくは後日、またあらためて、
お話させていただきます。
荒削りで、
ごめんなさい。
今日の雰囲気を、
お伝えしたくて。


お読みくださり、
ありがとうございます!!
↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
そして、荒削りな毎日の投稿に、
応援、本当にありがとうございます~
[2013/07/09 22:57] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(0)
あなたって、すごいですねぇ。
私もすごいですけれど、
皆さんもすごいですねぇ!!!

タイツアー参加中の
山ウサギです。

印象に残った師匠の言葉をおおくりします。



悟りというのは難しいことではない。

私の全能性を悟ればいいんだ。

そして、私の全能性を悟った後には、

ほかの人の全能性を悟ればいいんだ。


私が何万回も選択して、
創造してきたんだから、

これは本当にどれほど神のような

権能でしょうか。

それを私だけが持っているのではありません。

ほかの人もそういった権能を持っているんですよ。

ほかの人も、2万回、3万回と生まれ変わってきたんですから。

それは、神でないと出来ないことでしょう?


じゃぁこれから皆さん会うときには、

こんにちはでなく、

「あなたってすごいですねぇ」

って言いながら挨拶してください。

「あなたってすごいですねぇ。

私もすごいですけど、

あなたもただものじゃぁないです。

すごいですねぇ。」

っていう風に笑



悟りというのは二段階。

まずは自分の全能性を悟ること。

そして、その次には

ほかの人もその全能性があるのだということを、

悟ること。


昨日から、
師匠がお話されているテーマです。

また次回の更新をお楽しみに~♪

今日も、お読みくださり
ありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑

77回目のブログ。
77回も書き続けたウサギもすごいですが、
応援してくださった皆さまもすごいですねぇ。
応援、ありがとうございます!!!
[2013/07/08 22:30] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(0)
愛は、癌です★精神的な癌一つ目
こんにちは!

山ウサギです。

タイにて

師匠の講話が始まりました。


印象に残ったところを一部抜粋して、

掲載いたします。

雑になる面もあるかとおもいますが、

変わらぬ応援をよろしくお願いいたしますーーー


では、

どうぞ!


「みてください、皆さん。

私たちの人生の中で

愛というものがなくなっただけで

どれほどうらむ相手がなくなるでしょうか。


皆さんの記憶の中から

愛に対する幻想を消し去ってください。


今まで生きてきた過去に、

愛のために

あの野郎、
この女、

とうらみがましく思ったことがあったならば

その記憶を消し去ればいいじゃないですか。

そこから抜け出すことができるでしょう。


その愛対する幻想を打ち砕いただけで、

過去のストレスから、

抜け出すことができるじゃないですか。


そうしたらこう思います。


ああ、この世の中には自覚しかすることがないなあ。


愛というものに対する幻想を打ち砕いただけで、

人生がどれほど美しくなるかわかりません。


ですから愛というのは、

精神的な癌です。


その精神的な癌が、

これほどまでに皆さんを苦しめていますよ。


御釈迦様はこんなふうにおっしゃいましたよ。

愛する者同士は会うことができずに苦しがり、

うらみあっているもの同士は

会っているから苦しがる。

だから、

愛することもなく

うらむこともなく生きていこうじゃないか。


だから、私は愛しているから

あの人を恨むんだ、

という人がいるかもしれませんが、

それは話にならないですよ。


ですから一切、

この時間以降は精神的な癌を、

切り取ってしまったらいいですよ。

そうしたら、

その精神的な癌を切り取ってしまったら、

人生が本当に美しく変わりますよ。


みなさんそうしてみなかったとしても、

そう思っただけで、

何か軽くなるような気がしませんか」


愛が癌ですって。

でも、
もうすでに愛をはじめてしまった人は、

上手に自覚をしながら
生きていけばいいでしょう。

自分がまず自覚をおこせば
相手が変わらなくても
それでいいでしょうって。


では、また近いうちに~

お読みくださってありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
応援、ありがとうございます^^
皆さんの愛、
感謝いたします
[2013/07/07 16:46] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(3)
無言の講和で悟りましょう
こんにちは^^
山ウサギです。

今日からタイです。
師匠の講話を、
沢山聴いて、
また皆さんにもご紹介していけたらと思っています。


。。。今日はそれにちなんでこんなお話。

お楽しみください~♪♪♪

囲碁の大家がいるじゃないですか、
皆さん。

囲碁を習いたいなら、
囲碁の大家と対話をして、

囲碁をささなくても、
そういう人と一緒にいれば、
囲碁においてすごく進歩ができるように、

ある種類の分野での大家がいたならば、
その大家と一緒にいることが
とても大事なんです



師匠は自覚の大家です。
師匠は悟りの大家です。

その大家にタイで会って、
対話をする...


しかし

もともと実は、
皆さんをいちばん変化させることができるのは、

私が言葉も言わず、

みなさんも言葉を発さず、

ただじっと一緒にいる、

ということが、

皆さんの一番の助けになりますよ。


もともとその方法を、
インドでは
サットサンといいます。

師匠がある熱や光だとすると、

それを聞いている弟子たちを
氷に例えますよ。

氷というのは、
熱に溶けるようになっているじゃないですか。

それで、結局師匠が、
溶かしてあげる作業をずっと続けていくんです。

言葉も必要なく、
でも本当に不思議なことに、

皆さんと私が1時間一緒に座っていたならば、

言葉なくただ座っていても、

皆さんの心と身体と精神に、
何か変化が起こってきますよ。

それがいちばん強烈な精神の、

共感です

でも何か対話をするというのは、
実はお互いのエネルギーの消耗です



講話を聴きにいってみたら、
ひたすら無言の時間になるかも笑。



「でも皆さんの知識的な欲求欲も認めますので、
ですからその欲求を解くという意味において、
質問をするというのは、いいことです」


はい^^師匠。

皆さまにも、師匠のお話、
おすそ分けできると思います。

次回の更新、
ぜひ、楽しみにしていらしてください^^


いつもお読みくださっている皆さん、
新規読者の皆さん、
ありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
「。。。」
今日はウサギも無言でいってみます。笑
いつも、応援、ありがとうございます

[2013/07/06 08:50] | タイツアー特集 | トラックバック(0) | コメント(0)
「WHO AM I?」
こんにちは^^
山ウサギです。

今日のお題は
「WHO AM I?」。

「私とは何者か」。

それを自らに問うてほしいと、
師匠が講話くださったお話です。

この問いは、

古くから求道者の間で、

問われ続けてきた問いのようです。

師匠流のお話。

どうぞお楽しみください。


あなた自身が
あなたが誰だか、

分かりますか。

名前があって、
鏡に映っている私だけが、
私なのではありません。


今、完璧に、
私を分かることが、
できないじゃないですか。

私はこういう風に存在しているのに、

私のことを完璧に、
理解してはいないじゃないですか。

今、あなたがいなくなったら、
あなたはどこに行きますか。

今、あなたが死んだら、
あなたはどこにいるでしょう。

。。。あなたはあなたについて、
分かっていることは、
何もないです。


私は私の中だけにいますか。

どうして私をある箇所で探そうとしますか。

私が今、
どこにいると思いますか。

ただ、
私の考えに、
あるじゃないですか


ですから、

私の考えを、

ずっと観察してみるんですよ。



それからまた、
考えてみてください。

そしてまた、
その考えを観察して、

私自身をわかるその時まで、
わかろうとし続けてみたら、

私に対する理解が来るんです


その理解は、
私の中から来るのではなくて、

どこか他のところから来た、
という風な思いになるほど、

今もっている理解とは、

全く違う理解がやってきます



師匠が問いに対して、

「あなたは○○だ!」
と答えてくださるのではありません。

これは、私たち、
一人ひとりに課せられた、

宿題なのだと思います。

ケーソケソ(ずっとずっと)
私自身をわかるその時まで。。。


お読みくださり、
ありがとうございます
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
明日からタイに行ってまいります
1週間ほど更新が不定期になるかもしれませんが、
ケーソケソの応援、
よろしくお願いいたします!
[2013/07/05 10:17] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
お詫び編
再び山ウサギです。

お詫びです。

昨日、

書きかけたものを
全部消してしまった~

と思っていたら、

なんと、先ほど見てみたら、

両方アップされていました。

使用前、
使用後。


拍手してくださっている方がいるので、

削除せずにそのままにしておきますが、

正しいのは?後ろに出ているほうの記事です。


よろしくお願いいたします。


こげなウサギをいつも温かく見守ってくださり、
本当にありがとうございます
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
ここでもクリック!
皆さん今日は忙しい
[2013/07/04 19:51] | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
家族の理解がほしいとき
こんにちは^^
山ウサギです。

「精神世界」とか「スピリチュアル」
というと、

オカルト?
新興宗教?

毛嫌いされる方、
勘違いされる方も
まだまだ多いようです。

特に身近な家族や友人。
見てみぬふりが出来ない関係の方々。

心配なさるかもしれません。

そんなとき、皆さんは
どうされているでしょう。

キャンドルライトのように、
健全に<私>を勉強をしているところですら、

質問が出て、
師匠がこのように答えてくださったことがあるくらいです。


常識的な線で
常識的な内容で、

対話をはじめてみください。

ご自身のことを、

話してみてください。

「私は誰よりも合理的で
常識的な人だ。

私は誰かを信じてついていこう、
と思っているのではなくて、

私がより常識的で、

合理的に生きる方法を、

学ぼうとしているんだよ



そのように話をしてみるといいと思います。


「私は何かを無条件に信じようとしているのではなくて、

分析して、

判断して


ということをやっているんだ。

そして私がそうした結果、
間違えていると判断したならば、

いつでも私は自由に、

私の思うがままに、

できるんだよ


私はどこかに所属してるわけではなくて、
拘束されてるわけではないんだよ。

私はいつも自由に、

思うがままに判断して、

飛びだすことができるんだよ」。


そういう風に、
自分が拘束されているのではない、
と言う事を、

お伝えするのがいいと思います。


自分の1番そばで見守っている人は、
そういった面を
1番心配しますよ。

あの人は判断力をなくし、
理性をなくしてしまって、
団体に陥っているのではないか。


だから、

「今学んでいる話が
間違えていることではないんだ、
本当に正しいことなんだ」

ということを言うのではなくて、

「私がそこの話を聞いて、

より常識的に、
より科学的に、

なってきているんだよ


より鋭く分析出来るようになって、
より深い知恵を得ることになっているんだよ。

だから私が成長していっているのであって、
誰かを信じてそこに陥っているんじゃぁないんだよ。


それでも私が信じられないんだったら、
一緒に行って、話をきいてみようじゃないか」(笑)

そのように誘えばいいのです。

私が、より発展していってるのであって、
退化しているのではない、
ということを、

説明するのがいいと思います。

一番重要な事は、

「私はいつでも自由に生きるんだよ」


そのことを強調してあげてください。

実際にそうでしょう



。。。さて、この講話、
ご紹介してはみましたが、

一年前のカンボジアツアーの際は、
こんな反応をしていた夫。

ウサギが当時、

「私は誰よりも合理的で
常識的な人だ」

なんていったら、

ますますコイツはおかしくなった、

と思われたかもしれません。

ただ、
上手には話せなかったかもしれませんが、

自由に生きたいんだ、

というウサギ。

その思いを、

そして師匠の教えを、

いつの間にか受けとり、

いつの間にか師匠大好きになって、

共に学んでくれている夫。

ウサギの知る限り、

もっとも正しさを大切にし、
もっとも理論的であることを重要視し、
もっとも常識が好きな、夫。

何がどうしてこうなったのか、

そのお話はまたいずれ。。。


大切なことは、

大切な人が心配してくれる、

その気持ちを受け入れ、

そして<私>は<私>を学ぶこと。

いつも、ありがとうございます!
(_)(_)(_)
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
共に学んで下さるばかりか、
応援までしてくださっている皆さま。
あらためて。。。感謝をこめて。
ありがとうございます
[2013/07/04 19:37] | 三次元な話 | トラックバック(0) | コメント(0)
幸福なお金持ち
こんにちは^^
山ウサギです。

幸福とか、
至福とか、
豊かさとか。

皆さん、興味はありませんか?

このような心の勉強をしていれば、
一度は、

いえ、心の勉強をしていない方でも、
一度や二度は、

。。。いえ、世の中すべての人が、
何度も何度も、

幸福になりたいなぁ。

豊かになりたいなぁ。

そんな風に考えられたことが、

あるのではないでしょうか?

そんな皆さんに。。。

今日も、師匠の講話、
ぜひお楽しみください!!!


皆さん。

幸福というのは、
至福というのは、

何かを手にしているからというのではなく、

すべてのことを私が受け取ることができるという

そういう心の状態から始まるんです。



ですから本当に、
すべての事は私の心の持ち方にかかっていますよ。

私が手にしているものが何もなかったとしても、
本当に良くない状況が来ていたとしても、

これを私は受け入れると思ったら、

誰がその人の心を妨害することができるでしょうか。

私がすべてのことを受け入れて、
理解して、
包み込んで、
受け止めるなら、

果たしてその人に、
どんな障害がありえるでしょうか。


結局その人の心の持ち方にかかっている
ということじゃないですか。


どれほど多くのものを持っている人であろうとも
不平とか不満があったなら、

その人は不平不満の中に住んでいるのであって、
豊かさの中に生きている人ではないじゃないですか。



皆さん。

ここに2人の人がいます。

1人の人は王様で、
1人の人は乞食です。

でもこの王様は、
王様ではありますけれども
いつも乞食の夢を見て、

この乞食は、
いつも 「自分は王になる」 という夢を
見ていました。


どちらの人が、幸福でしょうか。


乞食でありながら
いつも王様になる夢を持っている人の方が、

幸福だと言うのです。

王になっても、

いつも乞食のように不満を抱え、
欲求を抱えて愛のない人は、

乞食よりも不幸です。

王は王らしい、
心の余裕がないといけません。

ですから、

心の豊かさを持った人が、
1番のお金持ちですよ


皆さんが手にしているものは、
いつ何時、なくなってしまうかわかりません。

でも私の遠大な心は、

なくなることは、

ありません



鍵は、やはり、私の心。

心は平等に与えられていますから、

<私>次第で、

私たちは、いくらでも、

豊かになれる
幸せになれる

日々共に学んでくださり、
本当にありがとうございます!
 ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
 ↑↑↑↑↑
あたたかい愛にも興味があります笑
いつも、あたたかい応援、
本当にありがとうございます
[2013/07/03 20:50] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR