FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

04 | 2013/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
真なる神の本性、本質を悟る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
蓮(ハス)の実と師匠の日
こんにちは!
山ウサギです。


今日は久々に、
冒険編をお送りします。


ここまで、
一つ一つの話にあまりにも時間がかかりまして笑

今日は、山ウサギひとっ跳びです。

~~~

ホテルで、ジュースを飲んだ続きから。

夜、部屋に戻る前のこと。

朝4時半に迎えのミニバスが来るということで、
バイキングの朝食が食べられない。

結構豪華でおいしかったと、
外国人の旅行者が、
ホームページでコメントしていた。

バスに乗ったらいつどこで
食にありつけるか分からないし、
その男の子に
聞いてみた。

朝は時間が早すぎて朝食食べられないから、
何かテイクアウト用に準備してもらえないか?

OK!OK! にこやかに返事をくれる。

やっぱり、優しい、カンボジア人。


次の朝。
四時半のミニバスにあわせ、15分前にロビーに行く。

昔のほっかほっか弁当の容器ような、
白いいれものを、袋にいれて、手渡してくれた。


迎えのミニバスに乗り込むと、
乗客はわたし一人。

あぁ、やっぱり十何時間もかけて、
東の果てまで行く人は少ないんだ。

と、思っていたら、
バスは、数分おきに、
くねくねと道を曲がって、
いろいろなホテルの前にとまって、

そのたびに人が乗ってくる。
合計7人ほど。

と、15分くらいで、
到着!
降りろ!
と言われる。

ゾウは?ヒガシノムラは?


戸惑っていたら、
それこそが本当のバス停。

ここから、各地に向けて、
大型バスが出るのだった。

そして、待つこと30分。

ようやく乗り込んだバスは、
韓国産のふるーい大型バス。
水溜りだらけの舗装されていないカンボジアのがたがた道を、
途中の乗り継ぎバス停まで6時間。

ひたすら走り続けてくれた優れ物。

乗っていたウサギはウサギで、
ほとんどジャンプ状態のガタガタに、
これはディズニーのアトラクションなんだ!と

ひたすら言い聞かせて乗っていた優れ者。

途中で、気分転換に、
ホテルの子がくれた朝食を食べよう!
と包みを開けてみると。
中からは、

ロールパン 一つ。

バター 一つ。

チーン


容器の10分の9  空。

あれ?

豪華で

おいしい

朝食?

一瞬、ねずみに食べられたのかと思った。

でも、次の瞬間、ひとりで、
笑ってしまった。

愛情をたっぷりくれた、あの男の子の無邪気な優しさが、
うれしかった。




乗り継ぎのバス停で、
15分後に次のバスが来ると言う。

しかし1時間たっても、バスは来ない。
まぁカンボジアだから。

だけど、いつバスが来るかわからず、
その場を離れることもできず。

こういうときでも楽しい時間をすごす心がけが大事だよ。
などと自分に言い聞かせる。

仕方ないので、シンガポールからの遺跡調査隊と仲良くなって、
おしゃべりをしていた。

生まれてはじめての実を、生で食べさせてもらったり。
本当に、案外、楽しかった。

でも、このときに自覚ということを知っていたら、
ぜんぜん私のあり方は違っただろう。

-----------------------------------------
DSCN1360hasu.jpg←これ、わたしが食べた生のの実



神秘の門神秘の門
(2013/03/23)
ゲート

商品詳細を見る
↑これ、師匠の2冊目の著書『神秘の門』
 表紙はの花とUFO
-----------------------------------------

やがて、その人たちが違う方面行きのバスに乗っていってしまった。

2時間たってもバスは来ない。

本当にここで待っていていいんだろうか?


不安になって、英語が話せそうな人に話しかけてみる。
でも、英語がなかなか通じない。


この続きはまた明日。。。

~~~~



。。。2012年5月13日のよき日。

はじめて、
ホテルの講演会場で師匠にお目にかかりました。


。。。今日は5月15日、

韓国では「師匠の日」。


一年後の今、日程を上手にあわせて、
ウサギの冒険話をしていこうと思っていたのですが
今日も、まだ東の村にすら到着せず。
しているのは蓮の実の話。笑

ですが、ずいぶんと
シエムリアップからは離れました。

これでもウサギ、がんばって
跳びましたm(__)m~


一年前には、
ウサギがこのようにブログを書くことなんて、
考えられませんでした。

全てに自信がなく、
私なんてものを書くに値しない、
私の書くものなんて読まれるに値しない。

そもそも書くことすらない。
書いたって続かない。


そんな私に、ブログを書いてみなさい、
と応援して下った師匠。

ひとつひとつの小さな成長、
大きな成長。

いつもウサギの跳躍を見守っていてくださる師匠。

あらためて感謝いたします。

ありがとうございます!!!

↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

愛すべき師匠に!!!
応援ありがとうございます。
スポンサーサイト
[2013/05/15 22:28] | カンボジアツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。