FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (12)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (1)
死 (1)
お知らせ (21)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)
アラカルト (4)
大久保 (6)
2019沖縄 (0)
沖縄ツアー18 (9)

04 | 2013/05 | 06
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
真なる神の本性、本質を悟る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ホテル到着
山ウサギです。
こんにちは^^

本日も、冒険編でお送りします。
少しペースアップ。
とぅくとぅくのおじさんとは、
別れて、ホテルに到着します。
。。。。。。


ホテルに着いたのは、
もう午前零時を過ぎた頃でした。

次の日(もうその日ですか)は、
早い時間にバスに乗って、
象に会うべく東の村に行く予定ですから、

早くチェックインをして、
少しでも早く横になろう。
エネルギーを蓄えなければ。

そんなことを考えながら、
ホテルに入りました。

こじんまりしているけれど、
清潔で落ち着いた雰囲気です。

フロントには
20歳そこそこの、
かっこいいというか、
かわいらしいというか、
感じのいい、すきとおった感じの
しっかりした若い男性スタッフが二人。

「遅くなりました。
予約していた者ですが~」
と英語で話しながらと近づくと、

にこやかに、
「お待ちしていました、こちらにどうぞ!」
と、ソファに案内してくれます。

しかも、日本語

宿泊情報を記入していると、
一人が熱いおしぼりを持ってきてくれ、
つたないながらも、目をキラキラさせて、
日本語で話しかけてくれます。

日本語はいったいどこで学んだのかと聞くと、
日本語を教えてくれる学校があるとのこと。。
若者が、仕事に就けるように、
特に、観光業に従事できるように、
サポートをしてくれる学校が、あるようです。

ところで、と、明日乗る予定のバスが、
お願いしていた通りに予約できているか、
そしてバスの出発時刻、バスの乗車場所を聞きました。

予約はできているから、と、
いきなりその場で支払い。

朝4時半に、小さいバスが迎えに来てくれる、
ということを教えてくれました。

小さいバス?
目指す象の村は、
シエムリアップから12時間かかる村。
行く人が少なくて、
バスが小さいのかな。

でも、とにかく、
そんなに朝早いバスなら
今から4時間ほどしかないじゃない。
こんなところでおしゃべりをしている場合じゃない。
それでなくてもベッドが変わると眠れないんだ。
早いところ切り上げて、
部屋に入って、少しでも横にならなければ。

席をたとうとすると、
またその彼が、にこにこしながら
「オレンジジュースをどうぞ」。

私を部屋に入れさせない気か?
でも、そういえばちょうどのどは渇いています。

受け取って、飲もうとすると、
うーん、見るからに、合成着色料満載の、
ちょっとこわい色。
普段は飲まないタイプの「オレンジジュース」。

でもカンボジアでは、
普通のフルーツや、フルーツのジュースより、
こういうジュースのほうが貴重だったりするのかもしれない。

そんな考えをつくって、
その「オレンジジュース」いただきました。

なんだかよく分からない砂糖水のような味がしたけれど、
とぅくとぅくのおじさんといい、
この若者たちといい、
オープンで、
あたたかくて。
カンボジアの人たち。
とっても懐かしい。

ジュースもおいしく頂きました。


。。。。。。。

ペースアップ。
次回から、必ずします。。。


ですが、書きながらあらためて
感じることがあります。

山ウサギは、
この一年で、本当に変わったと思います。

キャンドルライトで学び始めて、
師匠に見性印可をいただいて、
キャンドルライトで学び続けて、

一年前の私を探そうとすると、
どんなだったかな、と思うくらいです。

この、カンボジアのツアーに参加する前の私は、
自覚も、
師匠も、
キャンドルライトも、
知らなかったわけです。

ですが、
それにもかかわらず、
あの時と変わらない、

あの時から、
自覚と言うことばも知らなかったあの時から、
今にいたるまで、変わらない私がいるなぁということ。

そのお話も、徐々に、
こちらのブログで明らかにさせていただければと思います。


いつも、読んでくださって、
ありがとうございます!


↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑いつも、押してくださって、
ありがとうございます!!
スポンサーサイト
[2013/05/10 19:40] | カンボジアツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。