プロフィール

山ウサギ(サントッキ)

Author:山ウサギ(サントッキ)
ゲート師匠によって見性印可をいただき、新たな生を歩みはじめました。愛称はサントッキ(山ウサギ)!大自由の霊魂として、自覚、精進いたします!^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (12)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (29)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
愛する師匠のご紹介とウサギのつれづれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
◆無意識の意識化◆
こんにちは!
山ウサギです。

昨日の意図のお話は、
お楽しみいただけましたか^^

本日は、無意識、潜在意識と顕在意識、
という観点で、こんなお話をどうぞ!

私が今まで、
考えと感情がさせるがままに行動してきたなら、

それは潜在意識にしたがって行動して来た、
ということです。

そういった考えと感情を観る、
ということは、

潜在意識の中で起こってくるその考えと感情を、
顕在意識化するということです。

無意識的の起こってる感情と考えを、
私がずっと観ることは、

それを意識的な作業に変えていくことです。

自覚と言うのは、
意識化していく作業です


無意識的または潜在意識的に起こってくる行動を、
意識の次元で見えるようにすると言うことです。

ですから、
無意識的に起こってくる感情と考えを
ずっと観ると言う練習だけしていても

私の中に隠されていた無意識と潜在意識が
全て現れてくるようになっています。

ですから、そういったものを
潜在意識のものだ、
無意識のものだと思わないで、

それがまだまだ残っていると思う必要もなく、
起こってくる考えや感情の全てを、

私はもう一度観て、
判断することができる、という自覚だけが、
大切なんだと思ってください。

私たちは絶え間なく、
考えと感情を潜在意識的につくっています。

でも、それらをつくっているのが私なんだ
と自覚すること。

それがまさに顕在意識で、
それがまさに、自覚なんです


意識化。

自覚。

皆さま、本日も、ありがとうございますm(__)m

意識的に
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑↑
ポチッとどうぞ!!!
スポンサーサイト
[2014/09/10 17:09] | 自覚とは | トラックバック(0) | コメント(0)
「探し物はなんですか?」
山ウサギです^^
こんにちは!

この心の勉強を
続けていく中で、

大切な、
基本となるところを

ときどき、

師匠の言葉で

振り返ることは、
とても大切なことだと思います。

ふと、わからなくなってしまって
出てくるこんな疑問。

「自覚とは、
私のつくっている考えを

みる事なのかか?

あるいは、
その考えをつくっている私を

みる事なのか?」

では、
師匠のお話から、

そのこたえを、
復習なさってみてください


皆さんは

いつも自分を除外して

何か別のものに
関心を持っていました。

「私」という主語は

いつも
省略されていました。

この勉強は、
「私」と言う主語を

再び探してみることです。


どんな考えを持ってみても
どのような疑問が起こってきても、

その疑問や考えの
主語を、探すんです。

誰が
そう考えているのか。

誰が
そんな疑問をつくっているのか。

誰が
そうだと言っているのか。


このように
いままで
無意識的にしてきた行動を、

いつも
主語を探して
いくんです。

ああ、
すべて、
私がしているんだな。

私は
今まで
問題があると思ってきた。

そしてその問題を、
解決しようとして

努力してきたよ。

その問題のために
本を読んで、

その問題を解決するために
宗教に行ってみて、

その問題を解決するために
祈祷もしてみた。

瞑想してみたよ。

でも今日
この人(※注 師匠のこと)
はこんなふうに
言ってるじゃないか。


誰が、
その問題をつくったんだ
」。


問題が自らを
つくり出しただろうか。

私が
その問題をつくったんじゃないか。

その問題は誰がつくったのかが、

1番、

重要なんじゃないだろうか。



問題を解決するというよりは、

問題はどこからきたのか。

誰によって生じたのか。

それが1番、重要なんじゃないだろうか。


だから、
その問題の起源をみるんだよ。

そしたら結局は、

私が

その問題をつくったんだと言う、

当然の内容を
分かることができるんだよ


シンプルです。

それてしまっても、
構わない。

また原点に戻って、
はじめたらいいだけ。

探すのは、
主語です。


本日も、ご清聴、
ありがとうございます
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ブログウサギ村♪♪♪
↑↑↑↑

この絵文字、
入れてみたけど、
この猛暑の中ますます
と言っているのは、
です。

でも、皆さんのHOTな応援は、
本当に、うれしいです
ありがとうございます!!!

マスターゲート
101キャンドルライト
[2013/08/10 15:46] | 自覚とは | トラックバック(0) | コメント(0)
自覚をする人でこそ、 人間だと言えるんです
こんにちは。
山ウサギです^^

自覚を通して
起きること一つ一つを
無駄にすることなく、
自らの糧としていきたいと思う
今日この頃。


独断と偏見で、
今日はこんなお話です。
(…いつも独断と偏見でした笑)


動物や無生物は、
ただ存在しているんです。

彼らは
「なぜ私がこのように存在しないといけないのか」
ということを、
考えてはいません。

本当にこういった無生物や動物たちは、
自分に与えられた運命の通りに、
生きていくしかないのです。

自分たちがなぜ生きないといけないのかを、
どうして理解することができるでしょう。


自覚というのは、
自分自身について、
考えてみる
ということです。


人間以外に自覚のできる存在は、
ないんです。


簡単に言ってみたら、
人間だけが自覚をすることができ、

自覚をする人でこそ、
人間だと言えるんです



自らについて考えてみること。
自ら振り返ってみること。

これは

勉強ということではなくて、

本当に基本的な私たちの、

義務です」



山ウサギは、

人間としての義務を果たすため、

「自覚するウサギ」

であろうと思います^^!

みなさま、
いつもありがとうございます!!!
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑↑
応援、ありがとうございます^^
義務ではないのに~うれしいです
[2013/06/05 22:35] | 自覚とは | トラックバック(0) | コメント(0)
私を救い、私を変えてくれるもの
こんにちは!
山ウサギです^^

今日は久々に同伴(同じ自覚の道を歩む伴侶)
の皆さんに会ってきました。

皆それぞれのペースで自覚を深め、
自分自身を分かっていこうと言う仲間です。

本当に最近、自覚ということを知った、
という方もいらっしゃいましたが、

自分を知ろうとしてきた切実さにおいては、
まったく同じ。

今日は、そんなこともあり、
また初心に戻るつもりで、

自覚について、

師匠がお話し下さった中から、
ご紹介します。



「私が絶体絶命のそういう時を迎えたら、

私がそういう辛い事に陥っている時、

私が本当に深くストレスを受けているとき、


私を救ってくれる人はいったい誰でしょう。


自分自身ですよ


自分自身しか

私を救ってくれる人がいません。




では何が私を救ってくれるでしょう。


自覚です。


自覚というのは、

絶望的な状態を作っている自分の考えを観ることです。

私を苦しめている私の考えを観ることです。

その考えを作っているのは誰かを観ることです。


ですから

自覚こそが私を変えることができ、

私の考えを変えることができるんです。」


私を救い、私を変えてくれるもの。

それは、自分自身であり、

自分自身の自覚。

外に頼る必要も、

期待する必要も

なかったのです。

↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

子ウサギを喜ばせてくれるもの。
それは皆さんの自覚と
皆さんの応援!!
あ、外部に期待してる?(笑)

[2013/05/18 23:57] | 自覚とは | トラックバック(0) | コメント(0)
私が主人
こんにちは!
山ウサギです!

「私が主人」。

これは、
キャンドルライト
では、よく使われる言葉です。

行き詰まりを感じるとき。
感情や考えにとらわれているとき。
深刻になっているとき。

山ウサギは、
シンプルにこの基本に戻ることが
とっても大事だと思っています。



「練習ですよ。
ずっと続けて、

感情の主人は私だ。
考えの主人は私だ。
本当に私がつくっているじゃないか。
誰がそんなふうに考えているんだろう。

それをしょっちゅうしょっちゅう意識して、

誰が主人なのか、
自分自身ではっきりと区別してみてください。

私が主人であって、
考えが主人ではないんだ。

私が考えの主人だ。
私が考えをつくった。

考えは私から出てくるんだ。

だから創造主である私が、

考えと感情をコントロールできるのは当然のことだ」


そう。

考えは、私ではありません。
感情は、私ではありません。


私は、それらをつくり出している

創造主。

私は、主人なのです。




読んで下さって、ありがとうございます!
そして、拍手も、
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

プッシュの応援も、
いつも、
ありがとうございます^^!



[2013/05/14 21:57] | 自覚とは | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。