FC2ブログ
プロフィール

王ウサギ(ワントッキ)

Author:王ウサギ(ワントッキ)
王ウサギ、こと
ワントッキ でございます。
…はい、これまで、山ウサギをご贔屓にしてくださっていました皆さま、ありがとうございました。今後は、王ウサギを、どうぞよろしくお願いいたします。

自覚の王道をまっすぐに歩めますよう、自らをしっかりと統べて参りたいと存じます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (17)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (35)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)
名古屋ツアー (5)
タイツアー17 (11)

09 | 2018/10 | 11
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
真なる神の本性、本質を悟る。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
◆「無」を超えて◆最終回
ウサギです!ウサギです!
こんにちは!


本日で、今回のシリーズ

◆無を超えて◆

は終わります。


今日のお話の先は...

ツアーで、

師匠がしてくださったら、

本当に嬉しいなぁと思います。

 

実は、キャンドルライトには、
メンバーのみが見られる

「掲示板」と言うものがありますが、


時々このようなことがあります。


そこに師匠が本当に興味深い、

ディープなことを書いてくださって、

私たちが

「その先が知りたい!」

気分になったところで.....


最後に

「to be continued.....」

ウサギ(笑)


それを、次の機会に
掲示板で書いてくださることもあるのですが、

ツアー前になると、

こんなことに。


「この先は、ツアーで話そう」(ニヤリ)←とはお書きになりませんが.....(笑)

ウサギ、大爆笑。


最近の例では、

「ツアーにて締めくくり……」


ツアーに来なきゃね、

「教えてあげないよ♪
ジャン!♪」

って、あのコマーシャルのメロディーが、
頭の中をこだまします(笑)



.....でも、師匠が
このようなマーケティング戦略をおたてになってまで、

「ツアーにおいで」。

「みんなに会いたいんだ」。

そうおっしゃるのは、

それだけ、

皆が集い、

師匠の元で話を伺い、

場を形成しながら、

悟りを共有していくことのできるツアー
が、


尊く、大切だからだと思います。


私たちにとって。




...あっ!
ハッ!


またまた、
余談が長いっ。

はい、

すみません。


始めさせていただきます!


師匠、お願いいたします!!!!


......。


.........。


    ......。
   

非存在.....



.............無。


......。


.........。


    ......。




そのが、


最も

私の根源と近い私


ではないんだよ!

皆さん!




が、

私の根源

近いけれども



皆さん

無を

超えている
よ。



そうしたら皆さんは、


え~??

いや、

今の話まででも、


非常に接近するのが難しいのに、


まだ、

無を超えて

ある

とおっしゃるのですか?




....二段階がその上にまだ

あるんだ

皆さん。

...。





.....無から、

二段階


もっと進めば、


皆さんは、

到達する




....

...これ以上のことを、師匠はお話くださいませんでした。

でも、ウサギは、必ず、無から二段階をもっと進んで....

「到達」したいと思います。

ウサギは、師匠に会えたのですから。

それが、可能だと思っています。





ツアーまであと5日.....
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 今更かなぁ、
でもやっぱりどうしても、


師匠に会いたい!

とおっしゃる方。。。

キャンドルライトの事務局に、
問い合わせてみてくダサイ。

いや、ダサイどころか、
それは、本当に、尊いことですhttp://101candle.jp/inquiry.php



今日は前置きも 後置きも 長かった。

それでも本日も

楽しんでくださった方は、

↓↓↓コチラ

20161110韓国講話
スポンサーサイト
[2018/05/08 23:03] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆「無」を超えて◆PART5
こんにちは!
山ウサギです!


昨日のね、

「続き読みたいボタン」を

押してくださった方が、

なんと!!!!


15の方を超えて

いらしてくださったので、


ふん ふん 


続きを書かないわけに、

いかないじゃないですか。


ふん ふん ふん 


ポイントの入り、

ランキングは、

こんな感じ。
→→→「こんな感じ(笑)」


今日まで気がつかなかったんですが、

哲学、思想分野でも、

⑩位台にランキング、


って、すごくないですか?????


狂喜がつきました!


あれ?

凶器がつきました!


あれ?

狂気がつきました。


あれ?あれ?

....

こわれる前に.....。


ツアー前に、

こわれる前に.....












ラストスパート、

いってみよう!!!!!






存在的側面だけが

絶対的なものだと思ったのだが、

存在をしなくてもいいんだ。

つまり、

非存在的状態でもいいんだよ!





え~???


そうしたら、皆さんは、



お???

それはどういうことですか?



どうして???

そんなことがあり得るのでしょうか?

と思うだろう。




なぜか?

私たちの考えというものは、



常に、

存在的な側面から出発する


じゃないか。



 私は、考える。

それで、

存在するのだ


と言うじゃないか。


ん?


デカルトがそうだっだじゃないか。


我思う、

ゆえに我あり


と。




...でもね、

「我思わない、

ゆえに我あり」



になってしまうんだよ。



それはあり得ることなんだ。



私は考えなくても、

存在する
んだよ!!!!



これが、私が今、

皆さんにこのように

理論的に説明できる、


「頂点」だよ。




すなわち、


非存在的な側面の...。




     ........非存在という言葉.......。。。。。


非存在?



.............



  ......。


.........。


    ......。


続く.....
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 


「ラスト、読みたい」ボタンは

↓↓↓コチラ

20161110韓国講話
続きを読む
[2018/05/08 01:01] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆「無」を超えて◆PART4
山ウサギです!
こんにちは!


私は、

肉体がなくても、

霊魂、幽体がなくても、



...私という個体がなくても、

私という入れものがなくても、


存在する!



そんなお話が続いています。



...ということは...

...このブログを書いているのは....


透明人間!?!

透明ウサギ!?!



.....いや、そういう話じゃありません

ウサギにしゃべらせていると

余計なことしか言わないので.....


早速、本日の、

師匠のお話に参りませう




「あ!? 私がどこにいったんだろう!?」


.....私をさがすのに、

とても時間がかかったよ。



...では、私をさがしているのは、

誰が、

さがしているんだろう?



その個体だったと考えている

記憶が


さがしまわっていたんだよ!



それで


「ああ、記憶がさがしまわっていたんだ。


いやぁ! 

私というものは、

実に奥妙で、

終わりがないんだなあ。」



なぜか?



...形態的なものや、

個体として

存在しなくても、


存在するんだよ、

意識として!




そうしたら、

そこが最も根源だと思うだろう?




でもそうじゃないんだ、

皆さん!



意識さえも、

そんなふうに意識をすれば、

あるけれど、



意識をしなくてもまた、

存在する
というんだよ
、皆さん!



すなわち、


存在的側面だけが

絶対的なものだと思ったのだが、




存在をしなくてもいいんだ、


つまり、


非存在的状態でもいいんだよ




まだ続く。
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ まだ続く。


「続き、読みたい」ボタンは

↓↓↓コチラ

20161110韓国講話
[2018/05/06 18:17] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆「無」を超えて◆PART3
ウサギです!
こんにちは!


はい。

昨日のお話にもありましたが.....


数限りなく

「たくさんの私」

をつくり出せる

....!



ウサギ、ウサギをあと十羽くらい、

つくり出したい気分です。


ウサギAには、これをさせて、

ウサギBには、あれをさせて、

.....笑笑笑



いえ、冗談です。


とにかく、


....そんな、

根源たる私を、

思い出すために.....



さぁ、早速、

師匠のお話を!!!!!





代わりに、

光のような...

光るものが存在するというんだよ。


「あぁ。

もともと私は光なのかな?」



でも後々になると、

この光もなくなってしまうんだよ、皆さん。



「お? どうしたことだ、

なぜ形態がないんだろう? 

もう、光もなくなってしまったね?」



....そうすると、意識だけが残る。



.....だから、とても当惑するんだ、皆さん。


私は今まで、

「私というものが存在するというならば、

何か、ある個体がないといけない」

と思っているじゃないか、

個体が。



私というのは何だ?

個体から出発する概念じゃないか。


ところが
その個体が消えてしまったものだから...


私を入れることができないんだ、

どうしたらいい?


だから、

入れるものがなくても、

私は、

存在したんだよ!




個体がなくても、私は、存在した。


それで、あっけにとられたんだよ。



.....だから最初に思ったことは

「あ!? 私がどこにいったんだろう!?」





十羽どころか、

いなくなった~~~

↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 続く。


いや、誰が、続けるんだろう.........。
20161110韓国講話
[2018/05/04 18:30] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆「無」を超えて◆PART2
山ウサギです!
こんにちは!!!


「私」が規定?

気づきが根源に近いとは?


。。。昨日からお送りしております、

「無」を超えて。



「私」を超えて。。。

どこまでも。。。。。




あぁこの「私」というものも、

ただの一つの規定に過ぎないんだなあ~。



なぜか?



これも私

あれも私



「たくさんの私」を

つくり出すことができるんだよ。




「たくさんの私」

をつくり出すことができるとは、

何を意味するのか?



私は、

「私」をつくり出す

それ


ということだよ、みなさん。


私をつくり出す それ

なんだから、


数限りなく

「たくさんの私」

をつくり出す
んだよ、皆さん。



だから、「私」というものも、

を代弁することはできないんだ。




ただの被造物にすぎないんだ。



「私」というものも、

被造物だというんだよ。


の根源に比べたら。




.....実際に、

みなさんの霊魂が目覚めたら、

それを経験することになる。



初め肉体の支配を受けていた時には、

はっきり!と何かが

...あるようなんだよ。



あるよ、

幽体というものがある。

霊魂というものが。


「ああ~これが霊魂なんだなあ~」と。



ところがもう少し、

自由に歩き回っていると、

だんだんだんだん


薄くなって、

無くなってしまう



無くなってしまう!


続きは
↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 明日か明後日か。。。。

まさか、ツアーの後か?

20161110韓国講話
[2018/05/03 17:06] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。