プロフィール

山ウサギ(サントッキ)

Author:山ウサギ(サントッキ)
ゲート師匠によって見性印可をいただき、新たな生を歩みはじめました。愛称はサントッキ(山ウサギ)!大自由の霊魂として、自覚、精進いたします!^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (11)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (28)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (1)

03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
愛する師匠のご紹介とウサギのつれづれ
◆求道するとは◆PART3
山ウサギです。
こんにちは!!!

悩み、不満、ストレス。。。

皆さんが悩んで解決できることが、
ありますか?

昨日の師匠のお話の続きです。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

実はないんだ。。。
と思いながら、
ワンクリック!


ただ皆さんは、

それを受け入れるとか、
包み込むとか、
理解するとか。

時によってはそれを放棄して
諦めてしまえばいいんです。

そうすればいいだけなんだ。

それは難しいことではない。


解決するために、

皆さんは神に対して祈祷する必要もないし、
お釈迦様、イエス様を探していく必要もない。

そして、坐って瞑想する必要もないよ。

そうする必要がどこにあるんでしょうか。


本当に簡単でしょ?

皆さんの考えが転換すればいいんです。

今この場で!



求道。

それは「考えを転換する」力を育てること。

それを難しいとするのも、
私。

簡単なものにするのも、
私。

そして、いつ、それをしよう?

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

今でしょう、今!!!
今日も、クリックありがとう^^
スポンサーサイト
[2015/05/01 16:48] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
◆求道するとは◆PART2
皆さん、こんにちは!
山ウサギです。

求道とは、
考えをコントロールする力を育てること。

昨日からの3回シリーズ
今日は2回目です。

悩み、不満、ストレス。
たくさんの考えたち。。。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

続きの前に、ぜひワンクリック!

その原因を探ってみたら、

結局は私がつくっていて、
私のために生じたものなんですよ。

ですから、

つくった人、
創造主は私ですから

私が変えることができるんです!

みな、私が解決することができるものたちです!


皆さん自身が心一つを、
変えればいい。

考え一つを、
変えればいいんです。

時によっては

皆さん自身が、
その考えを放棄すれば、
いいだけのことだ。

皆さんが悩んで解決できることが、
実はありますか?







...考える時間...




明日に、続きます。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

答えはあまりに明白だ、
と思いながら、
ワンクリック!
[2015/04/30 16:52] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
◆次元の飛躍!◆PART5
こんにちは!
山ウサギです。

次元の飛躍、最終回。

。。。のその前に。


↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
忘れる前に、ワンクリック


はい。

次元の飛躍をなしたい私たち。
それなのに、一つの観点、概念に陥っている私たち。
そうではあるけれど。。。

いよいよ最終回。

私たちが存在すると言うこと自体が、
私が存在していると言うこと自体が、

実は神秘的で、驚異的なことなんだ。

今は暗闇の中をさまよっているが
いつかはこの暗闇を突き破って

全宇宙を照らすことのできる
ものすごく大きな太陽になるんですよ。

私はもうそのようなものになりたくないと
足踏みをしたところで、

それは暗闇の中でしている話にすぎない。

実際、自分の中にある大きな光を 探し出すようになるんだよ。
それは私の宿命です。

だから私という存在がどれほどすばらしくて偉大でしょうか。

今は自分をいじめて苛んで無視して閉じ込めていますが、
虐げていますが、

いつもそのように蔑視するのでなくて、
おいしいものも食べさせてあげて。

あとあとになったら偉大になっていくので。。。。

「汝らの始まりは微々たるものであるが、
汝らの行く末は壮大なものとなる」

聖書はまさにそのような意味なんだ。

キリスト教の神が、
自分の被造物に対し、
人間に対し。。。

「汝らの始まりは微々たるものであるが、
汝らの行く末は壮大なものとなる」


次元の飛躍。

そして、
私たちは太陽となる。

壮大なものとなる。

まだの方
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
私は太陽。。。といいながら、
ワンクリック^^
[2015/04/22 18:06] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
◆次元の飛躍!◆PART4
こんにちは!

連日お届けしていました
次元の飛躍!

新刊『人生と悟り』のご紹介で
一日と(跳)んでしまいましたが、

そこは山ウサギということで、


お許しください~。


気を取り直しまして。。。

今日もこちらから。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
誰がそう考えている。。。といいながら、ワンクリック。



では。

本題に入ってまいります。


10を使わず、1の観点にとどまる私たち。。。

そして、そこを抜け出すには。


そうしようとするならば、

1の観点を抜け出そうとするならば

1に固執してはならない。

無限な可能性を、
ひらいておかないといけない。

10に対する可能性を。

閉鎖的に
1だけに固執してはいけないんだ。

全てのことを受け入れられないといけないし、
そこに謙遜してついていかなければならない。

何かを主張するのではなくて、

いつもひらかれた心を持っていなければならない。


いつも概念的に受け止めて

概念に陥ってはいけない。

いつも
「私たちは概念をつくっているのだ」という自覚に

戻らなくてはならない。


皆さんご存知のように、

観点自体も
私が多様な観点を使う ことができるのに。

私たちが
数千数万数億の観点を使うことができるのに

一つの観点から起こる概念が

何がそんなにすごいと言うのでしょう。

一つの観点から出てくる概念、
理解のどこが、

そんなにすごいと言うのでしょう?


それを絶対だと思って生きてきた私。

1に固執していることすら知らずに、
固執して生きてきた私。

そのことに、気が付き始めた私。

そのことを、自覚しながら、ボタンを押す、私。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
皆さん。今日もありがとうございます
[2015/04/19 18:34] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
◆次元の飛躍!◆PART3
山ウサギです。
こんにちは!

シリーズ三回目。

今日は、最初にワンクリック
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
皆さんありがとうございます


では、本題に。

1に固執し、1を通して物事を見る。。。

次元の飛躍をなしたいとしながら、
私たちがしていること。

早速、続きをどうぞ。


実際に皆さんと私は、
部分的にしかコミュニケーションができていないんだ。

それで、皆さんと完璧なコミュニケーションを成そうとしたら、
皆さんはこの10本の指をみんな開かなくてはならない。

開くためには、
この10だと言う風に主張している人の言葉を
受け入れなくてはならない。

そして努力しなくてはならない。


私も開くことができるんだ!

そうしたら、その1に固執するんではなくて
この1を眺めることができないといけない。

1を離れて、
1を見ることができるようにならなくてはならない。

そうしたら、
それが2になる。

そして、
この2を見ることができなくてはならない。

まさにその時に、
それが3になる。


そのようにしてしょっちゅう客観化していったら
指が4、5、6、7と開いていくんだ。

その、1を抜け出す方法。

それがまさに自覚。


それは一度、
肉体的な観点を
離脱をしてみることができるということです。

それが、最初の段階です

自覚



まだの方は、最後にワンクリック
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
師匠、ありがとうございます^^
[2015/04/17 17:45] | シリーズもの | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR