プロフィール

山ウサギ(サントッキ)

Author:山ウサギ(サントッキ)
ゲート師匠によって見性印可をいただき、新たな生を歩みはじめました。愛称はサントッキ(山ウサギ)!大自由の霊魂として、自覚、精進いたします!^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (12)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (29)
ハノイ (7)
大阪センター (3)
新宿 (3)
バリツアー (8)

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
愛する師匠のご紹介とウサギのつれづれ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
◆なぜなら、私が、その全てなので◆
皆さまこんにちは^^
山ウサギです。

先ほど師匠の来日のお知らせを
掲載いたしました。

どんなお話が聞けるのか?

そんな疑問を持たれた方に、
一番フレッシュな、
先月行われましたセブツアーから。

師匠のお話のごく一部を抜粋して、
ご紹介いたします。



一人一人が堅固な
私の精神の王国を建設するのです。

そこにすべての豊かさと知恵と満足が、
皆、あるのです。

私しかいません、皆さん

ここに対して、
またもう一度考えてみてください。

この宇宙には
私しかいないのです


私と同じ人は
存在しないというのです。

どれほどそれが、
神秘的でしょうか。

真理は難しいものではありません。
難しいわけがないのです。


どうして、私自身を悟らせて、
私自身を勉強することが、
難しいはずがあるでしょうか。

もう全てのエネルギーを
ただ私にだけ注いでください。

外を見る必要がないのです。

それで外で探すな、というのです。

全てを内で求めよ、というのです

なぜなら、私が、その全てなので。

こんな師匠のお話を、
体感できる来日講話会。

人生最高の時間です


スポンサーサイト
[2015/12/15 20:15] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆求道するとは◆PART1
皆さんこんにちは!!!
山ウサギです。

今日から、
三回シリーズでお届けします。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

今日もぜひぜひ、ワンクリック!

タイトルは、求道するとは。

なんだか小難しい感じがする、
とおっしゃるあなたへ。。。

師匠のお話をどうぞ~!!!


求道するというのは、
何か難しいことではないんだ。

私が私の考えをコントロールする。

その力を育てることなんだよ。

でも、私が私の考えをつくったのだから、

私がそれを思うがままに出来て
当前でしょう?

これは難しいはずがないんです。


でも、
この世はあまりにもあまりにも、

そういうものを難しいこというふうに思っている。

私が私自身のことをわかり、
私が私のつくった考えというのを
思うがままに調節することができるのに。

それが難しいはずがあるだろうか?

何か経典を見るとか、
何か修練をする必要が

どこにあるんだろう?


じゃぁ、皆さん。

考えてみて下さい。

皆さんの中には、
一つずつ悩みがあるでしょ。

不満があるかもしれないじゃないですか。

そして、ストレスがあるはずですよ。

それを皆さん。

一度だけでも皆さん自らで、
考えてみて下さい。

これは誰がつくったのか。
誰のために起こったのか



これは誰がつくったのか?

誰のために起こったのか?





...考える時間...




明日に、続きます。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

明日が楽しみな方、ワンクリック!
[2015/04/29 18:20] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆存在価値◆
皆さんこんにちは^^

今日は久しぶりに、
伺いましょう。
こんな、師匠のお話。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
繰り返し、繰り返し、師匠がお話くださることですが。



劣等感というのは

どこから来るのでしょう?

まずは、他人との比較から来ることですよ。

なぜ他人と比べるのでしょうか?

まだ私自身を知らないからですよ。


自分の存在価値がどれほど偉大で
どれほど自分が偉大になれるか、

ということを知らないままに、

自分自身を知ろうと努力しないから。


だから誰かによって認められ、
誰かによって受け入れられる

ということばかりを、望み続けるんですよ。

だから、誰かの人目をいつも気にしてしまう。

そして、他人からの言葉に影響をうけて、
右往左往してしまう。


だけどいつも話すことですが、

この宇宙に、
私のような人は
一人しかいないんです。

二人ではない。

ただ、わたし一人なんです。

ですから、私という存在価値が、
どれほど偉大でしょうか?

どれほど独特で、
宝石に例えてみても

こんな宝石があるでしょうか?

宇宙に 
  たった一つしかない
            尊い 宝石。


だから、
その価値というのは、
言葉では表現できないんですよ。

ですから、

その存在価値は他のもの、
他人と比べることはできないのですから、

その価値は、もう限りがないものなんですよ。

それは当然の真実ではないですか?


その真実一つをもってさえも、
皆さんは自分の存在というものに

自負心をもたないといけません。

この存在に対する自負心をもったなら、
他人と比べる必要がない。

他人と比べないから、
自然と劣等感はなくなるんです



これは難しいことではありません。

その劣等感がなくなればこそ、
私自らが満足することができて、

私自らに感謝することができて、

私自身が本当に尊いものだということを

自ら気づくことができますよ。


そして、私自らが納得しないといけません。

私自らが認めないといけません。

私は本当に
   宇宙に一つしかない
        尊い存在なんだなぁ



考え一つの転換。心一つの転換。
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
私が。
[2015/04/28 15:06] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆平和がほしい◆
皆さまこんにちは。
山ウサギです。

苦しくて、
周りのせいにしたくなることがあります。

あの人が変われば。
この環境が変われば。

今日は、
この勉強の基本になるような、
師匠のお話を。

↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
先にこちらを。


環境が変わったからといって
人は変わったりしませんよ。

環境が変わったからといって
平和がくるのではありません。

私たち個人個人のこころに
平和が来ないといけないんですよ。

そうしようとするなら、
私自身をわからないといけません。

私自身をわかるなら、

私自身がどれほど偉大で
  価値ある存在かがわかったなら、

他の人からの救いとは関係なしに、

私自らが幸福で
  充満できるんですよ。


それが本当の意味の、天国なんです。


それで皆さん。

勉強というのはね、
数千回数万回繰り返していますが、

私自身だけをもってするんですよ。

私自身。

私自身が教材であり、
私自身が師匠であって、
私自身が学生で、

私自らが私の中で
すべてのことを解決するんです。

他に価値あるものはありません。

私よりもっと価値のあるものは、
存在しませんよ。

考えてみてください。
皆さん。

宇宙には、
私しかいないんですよ。

ですから、私以上に価値があるものが、

どこにありますか?

わたし一人で、もうすでに 十分なんですよ


もう十分。

これほどの平和が、あるでしょうか。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
そして、そのために、
今日もひたすら、私をみる。
[2015/04/27 16:40] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
◆経験と問題◆後編
山ウサギです。
こんにちは!

今日も早速、
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
ワンクリック。

経験と問題の後編です。
一日間が空いてしまいましたが。。。


私たちが、経験を、いい悪い、
こうだ、ああだ、と判断している。

だけど、すべてのことは、
経験するために存在している。

そして。。。

それで、私たちにはこんな言葉があるでしょう?

大道無門。

大きな道には門はない。

大きな道には引っかかるものはないという意味です。

見てみると、

小さい道には

「これではだめだ、あれではだめだ」
「こうであるべきだ、ああであるべきだ」

と引っかかりが多いです。

それは本当に小さい経験で、小さい心です。

私たちは今本当に大きな心をもって、

「ああ、全てのことは、必要な経験なんだ」

と受け入れればいいんです。


私がそのような心をもっていれば、
どんな問題があるでしょう?

問題があるなら、

「そうだ、この問題を私が経験してみるんだ」

そういう風にすればいいでしょう?

そのように私が許容し、包容し、受容すれば、
私がもっと大きくなるんです。

私が、もっともっと大きくなっていくんです。

それで、そのような遠大な心をもつというのが、
本当の勉強なんです。

「これは信じないといけない
これは排斥しないといけない」

ということではなくて、

この世の全てのことは
すべて私たちの経験のためにそこに存在しているんだ。

このような大きな心で皆さん受け入れるというのが
一番大事です。

そして、実際にそうなんです


経験。
問題。

おなじもの。

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
誰がそれを決めているのか。。。
今日も、ありがとうございます!!!
[2015/04/26 18:09] | 師匠の話 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。