プロフィール

山ウサギ(サントッキ)

Author:山ウサギ(サントッキ)
ゲート師匠によって見性印可をいただき、新たな生を歩みはじめました。愛称はサントッキ(山ウサギ)!大自由の霊魂として、自覚、精進いたします!^^

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

はじめに (1)
師匠の話 (110)
自覚とは (8)
悟りとは (5)
三次元な話 (8)
タイツアー特集 (10)
シリーズもの (20)
山ウサギの冒険 (1)
悟りの錬金術 (1)
未分類 (11)
カンボジアツアー (5)
山ウサギの日記 (0)
死 (1)
お知らせ (11)
神秘的な話 (1)
『人生と悟り』 (1)
『人生と悟り』第一部人生 (13)
大津ツアー (29)
台北ツアー (18)

01 | 2017/02 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
愛する師匠のご紹介とウサギのつれづれ
◆肉体意識圏からの脱出◆PART5
山ウサギです。
こんにちは。

肉体による支配。

肉体的な意識圏からの、

脱出。


最終回。

徹底的に、

最後まで。


師匠、お願いいたします。



ですからこれからは、

肉体の意識圏から出てくるもの、

そういうものを皆さん徹底的に
支配していくのです。



皆さんが完全に霊魂の主権を取り戻せば、

どのようなことが起こるでしょうか?


それこそまさに、

皆さんの偉大なる本性

現れるようになるのです。



皆さんの本性がどのようなものでしょうか?


この全~ての、このもーのすごい宇宙

この宇宙を生み出した空間!

それらを存在せしめているエネルギー!


そのすべてを、

あらしめているもの
なのです。


…そのように皆さんの本性が、
目覚めていくのです。




私たちには知性と理性があります。

まさにこの知性と理性を全て動員して、

それによって洞察を起こし、

皆さんの主権を行使していくのです。



当然なる私の自由を探し、

神聖なる自分の姿

現れるようにするのです




今までは、
本当に本当~につまらない、

いくらでもつくり出せるような、
私の創造物である肉体。

そこにあまりにも
支配を受けて生きてきました。


死んでからさえも
その支配を受けてきました。

私の偉大なる霊魂が、

肉体的な意識圏の、

その支配を抜け出ることが
できませんでした。



生きている間も奴隷。
死んだ後も奴隷。


ですから、
このような暗黒から

今こそ抜け出るときです。



そのためには、
私の主権を自ら取り戻さねばなりませんが、

私の本性に対する洞察を深め、

その主人の役割を皆さん自らが得て、

それを行使すると言うことなのです




これからは徹底的に、

肉体の意識から出る考えや感情を

支配していくべきなのです!




これはあまりにも当たり前のことなのです。

そんな当為性を持てと言うのです。

「これは言うまでもないことだ」。


これは、実に当たり前のことで、

至極 常識的な 真理

ではないですか


はい、師匠。


ふと、
「脱兎のごとく...」
なんていう言葉が思い浮かびました。

ウサギだから。笑


でも、これまで何万回の人生で
おそらくそうしてきたように、

脱兎のごとく、

考えや感情から
逃げるのでなく、

今生では、
すべてをしっかり見据え、

すべてを支配し、

神聖なる自分の姿を現して、

生きます。


師匠、ありがとうございます!
(__)(__)(__)


↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
さぁ!みんなで!
支配脱出!支配脱出!支配脱出!

20161111日講



スポンサーサイト
[2017/02/26 09:15] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆肉体意識圏からの脱出◆PART4
山ウサギです。
こんにちは。

肉体的な意識。
肉体的な意識圏。

ただただ
そこに支配されてきた私たち。

ですが、今。

師匠にこのお話を伺っている私たち.....



私の本性の視角から見れば、

一体何が問題なのか。

ただ私は虚空であり、

問題は、

そこに浮かんでいる
浮雲のようなものなのに。


恐れであれ、
憎悪であれ、
憎しみであれ、

そのような
すべての考えや感情は、

虚空の中に漂っている

煙のようなものなのに。


その煙が
どうして虚空に
影響を与えられるだろう?




…そのように皆さん。

洞察を深め、

この時間以降は、

果敢に!

肉体的な意識圏から出る、

肉体的意識圏から出る、

そのような考えや感情を

支配していくのです!



なぜか?

皆さんの本性の観点から、
もう今は皆さんがその主人の位置に座り、

それこそがまさに、

霊魂の主権を行使すること。

無限なる本性の主権を行使すること。

それこそが、
霊魂を目覚めさせる作業なのです。


そのようにして支配していく過程こそ、

私の偉大なる霊魂、

私の偉大なる本性が
目覚めていくことなのです。


何か特別な修練や修行、

そんなものは

本当は必要ないのです。

そのようなものは皆、

補助的な手段に過ぎません。


最も大切なことは、

一番最初に始めることです。


その始まりは、

まさに今は私の本性としての

主権

その力量を発揮しよう。


その心がけが一番大切なのです


続きます。
次回最終回。
続きが聞きたい人~
↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
press!press!


20161111日講
[2017/02/23 14:35] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆肉体意識圏からの脱出◆PART3
こんにちは。
山ウサギです。

考えの主人。

感情の主人。

自覚自覚。

偉そうなことを言っていますが、

この感情も、
この考えも。

全部全部....○| ̄|_。


昨日の続き。

お楽しみください!!!




私が皆さんに、

「あぁ、霊魂を目覚めさせてください」

「これからはもう肉体の支配から抜け出てください」。


そのように話したとき、皆さんは

「あぁ、これ何のことを言っているのかなあ?」


よく理解できないかもしれません。



しかし今私が話した通り、


本当に現実的に実践的に、


私の感情や考えが

どこから出てくるのか?

どこに属しているのか?


それをきちんと見つめていけば、


私の偉大なる本性から出ているものではなく、


「この肉体が、

肉体こそがまさに私である」。


そのような肉体的な意識圏から

湧き出ているものである、


とわかるのです。


この話は、


肉体意識が、

私の霊魂を支配している


と言うことに他なりません。



ですからそれを当然なこととして考えず、

果敢に!

このようなものは、

このような感情や怒り。


これらは、今私が肉体意識圏の

支配を受けているものなんだ。


もうこれからは

私が完全に支配してしまうぞ。



私の本性とは一体いかなるものか?


これら全~てのことを

在らしめている、

本当に偉大なる意志であり

自由なエネルギーである
のに、


なぜ私がつくり出した考えや感情の
奴隷になると言うんだ?


そのように自分の本性の観点から見つめていけば、

何~んの問題もなくなるのです


どこまでも、
肉体的意識の支配を受けている私たち。


明日に、続きます。

↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
師匠~ありがとうございます


20161111日講
[2017/02/22 14:51] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆肉体意識圏からの脱出◆PART2
山ウサギです。
こんにちは。

昨日からお届けしております
霊魂が肉体を支配するお話。


すっかり肉体の支配を受け、
肉体的に、
現象的に、
何かあれば、

あたふたあたふたする山ウサギ。

はやく続きを伺わなくちゃ!!!!!

師匠、お願いいたします


では何を、

私たちはつくり出しているのか。

「まさに肉体こそが私だ。
これが私の姿なのだ」。

という錯覚。

これらは
そのような肉体的な意識圏の中から

湧き出ているものなのです。


そうであれば、皆さんが
霊魂をして肉体を支配する方法は、

霊魂としての本性を発動するためには、

意識圏から出てくる感情や考えを
支配すべきである

と言うことなのです。


怒り、
不安、
恐れ、
憎悪。

憎悪、
愛憎や嫉妬。


そのようなものは、
私の本性から出てくる感情ではない

と言うことです。


それはまさに肉体的な習慣、

肉体的な意識圏から
出てくるものなのです。


だからこれは

私の姿ではないのです。


ですから自然に皆さん、

これらの感情と争わずに
支配することができるというのです。



私の本性が、

私の部分的なものを支配する


と言うのは当たり前です



そのようなものが湧き出てくれば、

これは本当に私の感情であり
私の考えであり
私の全てを代弁するものではなくて、


肉体的な意識圏から出ている、

肉体が主人公になったときに出てくる、

肉体が霊魂を支配しているときに出てくる、

霊魂が肉体の奴隷となっているときに生ずる
現象だと言うことなのです。


これを皆さんが
しっかりと分析してみると

皆さん自らで当然


「私はこのような感情や考えを、

支配できる。


私の肉体を支配することができ、

このような肉体の意識圏から出てくるこのような考えを、

支配できる」。


これがまさに私の本性を探すことであり、

それこそが

私の霊魂を目覚めさせる方法なのです。



皆さんがそのように、


「自分がまさに主人としての

行いをする」


のです




続きます。

↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
師匠、ありがとうございます


20161111日講
[2017/02/21 11:38] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
◆肉体意識圏からの脱出◆PART1
皆さん、こんにちは。
山ウサギです。

昨日、4月に行われる
バリツアーのご案内をいたしました。

山ウサギが師匠に出会ってから、
何度目のツアーになるでしょう?


言葉にならないこともありますが、

ツアーの度ごとに何か、

個人的、そして
キャンドルライト全体としても

大切な大切なテーマがあり、

それに沿って霊的な成長を積み重ねてきた。

そんな気がします。


そんな中、ここ数回のツアーは
師匠がはっきりとおっしゃることもあり、

全体としてのテーマが
明確にあったように思います。


例えば、前回の台北ツアー。

師匠はこうおっしゃいました。



私たちはあまりにも

肉体的な観点でのみ

生きている。


大切な霊魂

あまりにも

肉体の支配を受けている。


だからこれ以上、
肉体の支配をうけず、

霊魂をもって

肉体を支配すべきである



私たちの精神が、

肉体を支配すべきである



このようなテーマを私たちは掲げました




今回は、
このテーマに沿った、

師匠のお話をお届けしていこうと思います!

お楽しみください!!!!




私たちの精神は

この虚空よりも

もっと自由なものなのです。

この虚空にどーんなに腕を振り回しても

この虚空は私たちが振り回す手を
そのまま受け入れているだけで、

その手から影響を受ける事はありません。


本当の私たちの姿は、

真実の姿は、

霊魂のこのような属性。


いかなるものにも

とらわれることがない。



そのようなものなのです。

全~てのことを受容し、
許容し、
理解し、

全てを包容します。


しかし
そこからいかなる影響も
受けないものなのです。


それがまさに私たちの

真のアイデンティティーであり

また本性なのです。


私たちの霊魂の本性が

そのようなものなのです。



しかし、
私たちは今不安で、

焦って、

恐ろしくて、

怒って。



そのような考えや感情は

霊魂から湧き出ているものでは

ありません。


霊魂はそのようなものを

つくり出す必要もなければ、

つくり出してもいません。


私たちの本性からは、

そのようなものは

つくり出されるべきものではないのです



続きます。

↓↓↓↓
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
↑↑↑↑
師匠、ありがとうございます


20161110日講
[2017/02/20 18:39] | 台北ツアー | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム | 次のページ>>
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR